NEW

パフォーマンスを高めるために大切な知識「パフォーマンスピラミッド」

【この記事のキーワード】

 みなさん、こんにちは! 大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナーとして活動しているBODY PARTNARSの藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto)

 みなさんは、「パフォーマンスピラミッド」をご存じでしょうか?

 スポーツのパフォーマンスを高めて競技力向上や障害予防につなげる上で大切な考え方で、ここ数年、スポーツトレーナーや指導者の中で広まっています。

 スポーツ選手に限らず、一般の人たちにも知ってもらいたい考え方・知識のひとつなので、ぜひ最後までご覧頂けたらと思います。

 

パフォーマンスピラミッドとは

 多くの場合、下記の図のように3段階のピラミッドで説明されます。

※団体によっては、違った表現をされていたり、段階も4〜5段階と分けて説明されているところもあります。ひとつのご参考までに。

①スキル 

 まずは、スキルです。スポーツ選手にとって非常に大切な要素で、野球でいうと、ボールを「投げる」「打つ」「捕る」、バレーボールでいうなら、「スパイク」「レシーブ」「サーブ」などが挙げられます。

  スポーツ選手の勝敗は、このスキルによってほぼ決定されると言っても過言ではありません(もちろんですが、その日のカラダの調子や相手のパフォーマンスも影響されます)。

 スキルの高さは、スポーツ選手にとって勝敗を位置づける非常に重要な要素です。

 そして、そのスキルを高める上で必要となるのが「ファンクショナルパフォーマンス」「ファンクショナルムーブメント」です。

 スキルを最大限に活かす、スキルを高めていくためには、筋力やスピード、パワー、柔軟性、安定性などのヒトのカラダの機能面やフィジカル面などの土台部分がとても大切ということになります。

  わかりやすい例を挙げるとすれば、外国人選手と日本人選手とのフィジカル能力の差です。 

 ラグビーやアメフトなどコンタクトスポーツでは、明らかなフィジカル能力の差を感じるときが多いです。体格の大きさや筋力、パワー(筋力×スピード)、カラダの動かし方の部分で大きい差が現れているかと思います。他のスポーツでも同じことを言える部分があります。

 今回この記事を通してお伝えしたいことは、その全体のパフォーマンスを高めるために必要な要素や考え方です。

 

②ファンクショナルパフォーマンス

 続いて、2段目に位置するのがファンクショナルパフォーマンスです。

 ファンクショナルパフォーマンスには、下記のようなものがあります。

・筋力
・スピード
・敏捷性
・パワー(瞬発力/プライオメトリクス)
・筋持久力/全身持久力

 などが挙げられます。

 これらは、いわゆるフィジカルと言われる能力です。このフィジカル能力も、パフォーマンスを高める上で非常に大切な要素となります。

 相手との競り合いなどで筋力やスピード差があると、たとえスキルが高かったとしても競り負ける可能性も高くなってしまいます。もちろん、逆の場合も同じことが考えられますが…。

 ただ、筋力やスピードが高ければベストなパフォーマンスを発揮できるかと言われると、そうとは限りません。

 ウエイトトレーニングは積極的にやっているけど、柔軟性が不足していて関節の動きが悪く、カラダの動きが鈍い…というケースは非常に多いです。

 せっかくつけた筋力やパワーを上手く発揮できていないのは非常にもったいないです。ピラミッドのバランスが崩れて、ケガも起こりやすくなります。

 このファンクショナルパフォーマンスを最大化させて、効率よく高めていくためには、一番下の土台となる「ファンクショナルムーブメント」の能力を高めていく必要があります。

 

③ファンクショナルムーブメント

 ラストは、土台部分に位置する一番大切な「ファンクショナルムーブメント」です。

 多くの競技において、試合に勝つ、高いパフォーマンスを発揮するためには、スキルやファンクショナルパフォーマンスを高めることがとても大切な要素として考えられますが、

 最大限に活かす、2つの要素(スキル・パフォーマンス)を効率よく高めていくには「ファンクショナルムーブメント」が必ず欠かせない要素になってきます。

 つまり、高いパフォーマンスを発揮する上での「土台」です。

 ファンクショナルムーブメントには下記のようなものがあります。

・スタビリティ(安定性)
・モビリティ(可動性)
・姿勢(アライメント)
・ヒトの基本的動作
・固有受容パターン
・関節の可動域(柔軟性)
・呼吸

 などが挙げられます。

 ファンクショナルムーブメントを高めるためには、上記の要素に対してのアプローチをしていく必要があります。

  例えば、関節のスタビリティ(安定性)であれば、「姿勢を整えて関節の位置を適正化させる」ことや「体幹部を活性化させる」「各関節の周辺筋群の機能を正常化させる」ためのトレーニングやエクササイズが必要です。 

 関節の可動域を高めるためには「筋肉の柔軟性を高める」ためのストレッチが必要です。
  要は、このファンクショナルムーブメントが低い状態にある人は…

・体幹部の筋群が機能していない(安定していない)
・呼吸が正常に機能していない(乱れている)
・カラダが硬くて動きにくい(関節の可動域が低い)
・姿勢が乱れている(アライメント不良)
・座る、立つ、歩く、走るなどの基本動作でエラーが多い

に当てはまる可能性が高くなるということです。

 そのため、ケガを起こしやすくなります。

 自分自身のカラダを思うようにコントロールできなくなると、培った筋力やスピード、敏捷性、パワーなどのパフォーマンスに必要となる要素を活かしきれなくなります。

 スポーツ選手にとっては、致命的の状態で障害も起こしやすいだけじゃなく、良いパフォーマンスを発揮することもできなくなる可能性が高くなります。

 スキルを高めるための練習をしているのに「なかなかパフォーマンスが上がらない…」という人は、もしかするとファンクショナルムーブメントやパフォーマンスが足りていないかもしれません。

 土台となるファンクショナルムーブメントを横に広げていくほどに土台が安定し、2段目に位置するファンクショナルパフォーマンスも安定して広げることができ、一番上に位置するスキルの幅も大きくしていけるという考え方です。

 

理想のパフォーマンスピラミッドを目指そう

 この3つの中でも、特に最下部の「ファンクショナルムーブメント」は、多くの一般の方が目的として取り組むような「リハビリ」や「ボディメイク」「機能改善」「障害予防」を効率よく進めていく上で重要な要素になります。

 ぜひ、今後のカラダ作りに活かしてもらえたらと思います。

藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。

https://fujimototaishi.com/

パフォーマンスを高めるために大切な知識「パフォーマンスピラミッド」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ