NEW

脂質はなぜ、おいしく感じるのか?

【この記事のキーワード】

,

「見てください!この肉汁!」
「すごくジューシーでおいしい!」

 こんな食レポを、テレビでよく見かけますよね。

 なぜ、脂質はおいしく感じるのか?

 人の味覚は、生理学的の分野では「甘味」「苦味」「塩味」「酸味」「旨味」の五味を感知することができるとされています。

 辛味物資やアルコール、炭酸飲料などの化学的刺激、温度、舌触りなどの物理的刺激は、基本味(五味)と合わせて総合的な味覚を形成します。

 以前までは脂質を感知する味覚は存在しないとされていました。しかし、最近では脂質を感知することできる第6の味覚の存在が備わっていることが明らかにされつつあります。

目次
・脂質を感知するメカニズム
・まとめ

脂質を感知するメカニズム

 食事から摂取した中性脂肪が舌リパーゼと呼ばれる酵素によって、ほんの一部だけ脂肪酸に分解されます。

 脂肪酸が味蕾細胞(味覚を感知する細胞)の細胞膜上にある※CD36という輸送体と結合して、細胞内に取り込まれます。

※CD36は血小板、単核食細胞、筋細胞、脂肪細胞、肝細胞、一部の上皮に存在する膜糖タンパク質のことです。長鎖脂肪酸に結合し、長鎖脂肪酸の細胞内への輸送を促進することによって、筋肉の脂肪利用、脂肪組織のエネルギー貯蔵(白色脂肪細胞の肥大)、及び代謝性疾患の発病に寄与しています。

 脂肪酸が味蕾細胞の細胞内に取り込まれたことを引き金に脳内で「βエンドルフィン」の分泌が促進されます。

 βエンドルフィンは心地良い気分にしてくれる「快感物質」です。

 脂質を食べたときに感じる「心地良い感覚」こそが、脂質を“美味しさ”の正体であることが明らかにされつつあります。

 また、“おいしい”と感じることは脳内のドーパミンの分泌を促し、「それをもっと食べたい!」といういわゆる“やみつきになる”という状態をつくり出します。

 

まとめ

 脂質を摂れば摂るほど、ジャンキーな食事をすればするほど、その食べ物がやみつきになり、もっと食べたくなるループに陥ってしまうのです。

 逆にバランスの良いクリーンな食事を日常的に食べることで、ファストフードなどがあまり欲しくならず、その食事こそが最高の食事であると思うようになります。

 これを機に一度、食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

鈴木寛太(KANTA SUZUKI)
パーソナルトレーナー。活動地域:愛知県。
本来あるべき機能を取り戻すことこそ“ストレスから解放されるカギ”をモットーに日々活動中。動かしやすい身体は人生を豊かなものにしてくれます。皆様に身体づくりのヒントをお伝えできたらと思っております。


Twitter

Instagram
note

Pick Up

脂質はなぜ、おいしく感じるのか?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ