NEW

ランニングシューズをフィットさせる履き方、紐の結び方!

【この記事のキーワード】

,

 今日はランニング、ウォーキングでシューズの能力を最大限に発揮させる履き方、紐の結び方について解説していきます。

・靴紐をきちんとほどいてシューズを脱ぐ
・足にフィットさせて靴紐を結ぶ

 この2点はとても大事です。

 まずは、シューズを脱ぐ時の解説から始めていきます。

 なぜ脱ぐ時からかと言いますと、この方法で脱いだところから履き始めないと、足をシューズにフィットさせることが出来ないからです。

 シューズの紐の先を、写真1のように一括り入れて、紐が簡単に外れないようにしておくとよいと思います。

写真1

 こうしておくことで、両手でいっぺんに、ある程度紐を引っ張って解けるようになります。

 次に、上の2本から順々に紐を緩めていきます。

  これで、靴からスルッと足を抜けるので靴の型崩れが防げたり、靴の痛み軽減になります。

 ランニングが終わったら、軽く日陰干し(中にシューズキーパーを入れておくとさらにgood)すると、型崩れしにくくなります。

 では、ここから本題の「シューズの履き方」についてです。

写真2

  まず足を靴に入れたら、写真2のようにかかとを地面に軽く「トントン」と当てて、足全体が靴のかかと側に、かかとは靴の後ろ側にしっかりとくっついている状態を作ります。

※これが非常に重要です!

 次に、靴全体を上から下に向かって撫で下ろしていき、靴全体が足にくっつく(馴染ませる)ように、2、3回手のひらで抑え込みます。

写真3

 そして、上から徐々に下に向かって締めて行き、靴が足にフィットしていくようにします。

 そして、最後は蝶々結びをします(※この結び方は、そこまでこだわりはありません。むしろ、大事なのはこのあとです)。

 ここでの紐の結び方によっては、汗でシューズや紐がウェットになってしまったり、結びが弱いと紐がほどけてしまいます。

 この「紐がほどけてしまうかも…」というメンタルは、ランナーにとっては非常に煩わしいものです。

 ですので、私はこんな形で解決しています。

 余った紐を一括りにシューズの結び目の間に通してしまいます。

 この方法で、ランニング中やサッカーのプレー中に紐がほどけたことは、一度もありません。

 いかがでしたか?

 シューズの紐の結び方、ほどき方一つでも色々な方法があります。

 ぜひ一度、試してみて下さい!

ランニングシューズをフィットさせる履き方、紐の結び方!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ