NEW

【インタビュー】筋肉芸人なかやまきんに君に聞く「筋トレとテレビ、そしてYouTube」

【この記事のキーワード】

,

撮影=木村心保

前編はこちらから

芸能界で一番、トレーニングをやっている自信がある

――最近は筋肉芸人・タレントも増えましたが、元祖・筋肉芸人として、どう見ていますか?

きんに君 今だと、ボディビル日本チャンピオンの横川(尚隆)くんとか、マジラブの野田(クリスタル)くんとか、ミルクボーイの駒場(孝)くんとかがいますけど、そういう人はどんどん出てきてほしいと思う派です。横川くんは日本トップなので置いといて、芸能界で僕が一番、トレーニングをやっているっていう自信がありますから。だから、周りの人が気にならないというか。よく「ライバルは誰ですか?」って聞かれるんですけど、本当にいないんですよ。食事も含めて、ここまでやれている芸能人は他にいないだろうなと、勝手に思っています(笑)。

――そこまでストイックにトレーニングして、きんに君が目指す理想の体というのは?

きんに君 自分の身体でできる最良を目指したいと、常々思っています。パンプアップって20~30分くらいしか続かないんですけど、そのときに一瞬だけ、未来の身体が見えるんですよ。一部分だけですけど。だから、そこを目指して日々頑張っています。

――あくまで、自分がどれだけ成長できたか、なんですね。

きんに君 4~5年前よりは確実に大きくなっているので、当時パンプアップしたときに“このままいけばかっこいいだろうな”と思っていた形にはなっているかもしれないです。でも、実際そうなっても、まだまだだなって。成長はしているけど、これくらいでいい、とはまったくならないですね。まだまだだな、というのが常にあります。

――筋トレにゴールはない、と。そのストイックさは、お笑いに関しても同じですか?

きんに君 お笑いは、自分ができることと、できないことの分野が明確になってきていますね。最近は、テレビで失敗しても、たまたま今回は企画が自分に合わなかっただけ、得意分野じゃなかっただけ、とあんまり気にしなくなりました。若いころはテレビで評価されることがすべてでしたが、今はYouTubeやライブ配信なんかもあって、それ以外の選択肢もできた。

 テレビって、集団芸だと思うんですよ。その集団芸のルールがあって、そこのレールに乗った発言が求められる。でも、YouTubeなら自分ペースで好きなようにできます。2つは比べられないですが、どちらもバランス良くやれたらと思います。

「キャンピングカーでアメリカ各地のマッチョに会いに行きたい」ときんに君。

筋肉系YouTuberとしても活躍中! でも、忙しすぎて…

――きんに君の公式YouTubeチャンネル『ザ・きんにくTV』は、3月末時点では登録者数45万人だったのが、12月28日時点で91.3万人を突破。芸人YouTubeの中でもトップ10に入る人気ぶりで、100万人もすぐそこです。

きんに君 やっぱり、4~5 月の自粛期間中にグッと伸びましたね。登録者数が伸びたことで、何をやったらいいんだろうってプレッシャーを感じた時期もあるんですが、「今までダイエットは全部失敗してたけど、きんにくTVに出会って体重減りました」とか「きんにくTVのおかげで血液検査の結果がめちゃくちゃよかった」という感想をいただくこともあって、やりがいは感じています。

――コンセプトは「筋肉が好きで、筋トレしたい人が見るテレビ番組」。初心者向けのトレーニングや食事管理に関する内容から、ジムでの本格的なトレーニング、ボディビル大会のレポートなど、幅広い内容となっています。4年前に開設して以来、コンスタントにアップされていますね。

きんに君 最近は忙しくて週1くらいのペースですね。ストックもあるんですが、やっぱりそこは筋トレが最優先なので…。仕事のあと1時間半筋トレして、そこから編集ってなると結構体力使いますからね。睡眠も大事だし、新しい撮影のためには下調べしておく必要もある…。で、けっこうフラフラになっています(苦笑)。その間にプロテインの監修をしたり、スープを開発したり…。あと12月下旬からは僕がプロデュースしたトレーニングウエアの発売も始まって…。ここ1~2カ月は特に忙しくて、筋トレしている間も息が切れしちゃって…。

――大変ですね…。

きんに君 今年、コロナで営業の仕事は減りましたけど、YouTubeがあるのでやることがないってことはないですし、トレーニングから派生したお仕事もいろいろいただいて、けっこう大変な年でしたね。トレーニングは1時間半ですが、食事も含めると24時間管理が必要なので、なかなか気が抜けないですし。

――一日の中で、リラックスするできる時間ってあるんですか?

きんに君 基本ないんですけど、サブチャンネルの「きんにくTVセカンド」はなるべく景色がいい野外で撮影したいなと思っていて、昼過ぎにトレーニングして、ロケハンして、だいたい夕方くらいに撮って、終わったあとに喫茶店で「今日はいい撮影できたな」って一息ついているときはリラックスしますね。

――最後に、ジムでのトレーニングがしづらい状況が続いていますが、今年始めた筋トレを来年以降も続けるためのアドバイスをお願いします!

きんに君 ぜひ「筋トレをしないのはもったいない」という考えを持ってほしいですね。筋トレ業界では「貯筋」という考え方があるんですが、みんな不安のない老後を過ごすために少しでも資産を蓄えておこうと、いま必死で働いているわけじゃないですか。30歳を過ぎると、運動をしていない人は毎年1%ずつ筋肉が失われていくといわれていて、お金と同じように筋肉も今から貯めておかないと、どんどんなくなっていく。不安のない老後を送るためには、1日5分でも運動して貯金することが大切なんです。

――そういう意味では、きんに君は安心ですね。

きんに君 いや、ボディビルという競技になると、ぜんぜん健康ではないんですよ(苦笑)。体に無理をして減量したり、必要のない筋肉をつけているわけですから。でも、やらないよりはやっている方がいい。だからその分、食事は徹底しているんです。毎年、少しずつ筋肉を成長させて、80歳くらいまで現役を続けたいですね。続けていれば、世界チャンピオンも夢じゃないですから。
(取材・文=編集部)

来年は東京オープンボディビルで優勝を目指す!

 

●なかやま・きんに君
1978年福岡県生まれ。吉本興業所属のお笑い芸人。NSC大阪22期生を卒業し、2000年にピン芸人としてデビュー。 2003年「第24回ABCお笑い新人グランプリ」で審査員特別賞、「R-1ぐらんぷり2006」決勝進出するなど、元祖筋肉芸人として活躍。 2006年米・ロサンゼルスへ“筋肉留学”し、2011年サンタモニカカレッジ運動生理学部卒業。 2019年「第27回東京オープンボディビル選手権大会」ミスター75キロ級で準優勝を果たすなど、ボディビルダーとしても活躍している。 現在、YouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」の登録者数は90万人を突破し、人気を集めている。

ザ・きんにくTV 【The Muscle TV】  
https://www.youtube.com/channel/UCOUu8YlbaPz0W2TyFTZHvjA

なかやまきんに君プロデュース「ザ・プロテイン&ファミテイン」  
https://allera.co.jp/theprotein/

最強のダイエットスープ「ザ・パワースープ」
https://kinnikun-power.com

なかやまきんに君プロデュースアパレル「POWER」   
http://power29.jp/

Pick Up

【インタビュー】筋肉芸人なかやまきんに君に聞く「筋トレとテレビ、そしてYouTube」のページです。筋トレしようぜ!は、インタビュー、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ