NEW

どのタイミングで負荷を増やせばいいの?

【この記事のキーワード】

こんにちは!

本日は、筋トレを進めていく上で大切になる、「漸進性の法則」について解説します。

いきなり難しい言葉でごめんなさい。

 

 

筋肉をつけるためには、ずっと同じ負荷でトレーニングしていてもなかなか身体は変わりません。

やはり筋肉の成長に伴って負荷もどんどん増やしていかなければ、筋肉も成長していかないのです。

このことを「漸進性の法則」といいます。

 

 

では、いつ負荷を増やせばよいのでしょうか?

その一つの指標となる「ツーフォーツーの法則」をご紹介します!

また法則かよ!って思うかもしれませんが、シンプルでわかりやすいので覚えておくと便利です。

 

例えば毎週火曜と金曜にベンチプレスを60キロを10回×3セットを行なっていたとします。

火曜に最終の3セット目を、いつもより2回多い12回こなすことができ、金曜でも同じように最終3セット目を2回多くこなせたら、次からはベンチプレスの1,2,3セットのすべてのセットにおいて重量を上げるというのが、ツー・フォー・ツールールの基準となります。

 

つまり『最終セットでいつもより2回多く挙げることが出来た、しかもそれが次のトレーニング日(例の場合は火曜と金曜)でも出来た』

 

これが、火曜は成功して金曜は失敗して、また翌週の火曜に成功した場合は、まだ負荷を上げません。

あくまで決められたトレーニング日(この例なら火曜と金曜)に連続で成功しないといけません。

 

感覚だけでトレーニングをしたり負荷設定をしていると怪我に繋がったり、成長を感じられなかったりするので、しっかりと記録して自分のルールに基づいて負荷を上げていきましょう!

 

さぁ!レッツトレーニング!!笑

 

 

 

どのタイミングで負荷を増やせばいいの?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ