NEW

ゴリマッチョ VS 細マッチョ!

【この記事のキーワード】

「デカい筋肉」を求めるトレーニングや食事と、「美しい筋肉」を求めるトレーニングや食事というのはやはり違います。そこを意識するかしないかは、結果に大きな違いと生んでしまいます。

 まず「デカい筋肉」と「美しい筋肉」の定義を簡単にしておくと、前者は単純にサイズです。筋肉の総量を増やすのが主な目的であり、筋量を最大化するというのが目標です。「目指せゴリマッチョ」という事になります。

 対して後者は、筋肉の密度や硬さを上げ脂肪をできるだけ付けないのが主な目的であり、それにより、筋量よりもその質を上げて美しくする事が目標です。こちらは「細マッチョ」のイメージが当てはまると思います。

目次
1.種目選択
2.レップレンジ
3.インターバル
4.器具の選択
5.食事
6.プラスα
まとめ

1.種目選択

 デカさを追求するのであれば、コンパウンド種目を中心としたメニューを組み効率的に多くの筋肉を動員するようにしましょう。ベンチプレス、デッドリフト、スクワット、プレスなどは外せない種目と言えると思います。

 美しさを追求するのであれば、可能な限り、個々の筋肉にフォーカスしたアイソレート種目を中心に、しっかりと特定の筋肉を意識したトレーニングをしましょう。ダンベルベンチプレス、ラットプルダウン、ランジ、サイドレイズなどを中心に、ケーブル種目などを積極的に取り入れて行いましょう。

 

2.レップレンジ

 デカさを追求していくのであれば、8~12レップの重量を選択するのがいいです。中重量のレップレンジでしっかりとトレーニングボリュームを増やして行きましょう。

 美しさを追求するのであれば、12レップ以上の低重量、高回数のトレーニングを中心に対象筋をしっかりとパンプさせると事を意識したトレーニングを行いましょう。

 セット数に関してはデカさも美しさも3~4セット程度がおすすめですが、レップ数が増えればセット数を減らしレップ数げ少なければセット数を増やすという考え方で良いと思います。

 

3.インターバル

 デカさを追求するのであれば、やはりトレーニングボリュームが命です。コンパウンド種目の場合は4分程度、しっかり回復するまでセット間の休憩をとり、アイソレート種目ならば3分程度を目安にすると良いでしょう。

 美しさを追求する低重量高回数のトレーニングであれば、インターバルはそう長くとる必要はありません。1分程度の休憩をとりテンポよくトレーニングを行って行きましょう。

 

4.器具の選択

 デカさを追求するのであれば、フリーウエイト、特にバーベルなどしっかりと高重量を扱える器具を選択し広範囲をいっきにトレーニングしましょう。

 美しさを追求するのであれば、可動域や動作の自由度が高くコントロールしやすいダンベルを中心に、ケーブルマシンやスミスマシンなどをうまく使って、負荷ができるだけ分散されないようにしましょう。

 

5.食事

 デカさを追求するのであれば、炭水化物にフォーカスしましょう。タンパク質をしっかりとるのは当たり前ですが、その上で脂質を減らし炭水化物を多くとる事で筋肥大を引き出す事ができます。

 美しさを追求するのであれば、炭水化物はできるだけカットしましょう。炭水化物の摂取は筋肉を大きくすることには効果的でも、脂肪を減らす役には立ちません。太りたくなければ炭水化物は必要ありません。

 

6.プラスα

 デカくなりたければ、余計な事はせずによく食べて、しっかりトレーニングして、たっぷり寝るというのが基本ですが、それだけだと体調管理が難しいので、プラスαで朝の散歩など軽い有酸素運動をお勧めします。

 美しい体を作りたければ、プラスαでパワークリーンやスナッチグリップハイプルなど、爆発的な動作を必要するオリンピックリフト系の種目を週一回程度取り入れる事をお勧めします。

 

まとめ

 という事で、デカい筋肉と美しい筋肉を作るための6つの違いについてお話させて頂いたのですが、そもそもこの2つを完璧にわけてしまう必要はありません。本来はうまく両方取り入れていく事が大切です。

 ただ極端に分けてやってみてどういう結果がでるのか試してみるのも面白いと思います。この2つのパターンに高重量低回数の筋力にフォーカスしたパターンも入れたいのですが、それはまた、全く違った観点になってしまうので今回は除外して話をさせていただきました。

 美しさという観点にパフォーマンス要素を加えた場合には、高重量低回数のトレーニングを取り入れる事も考えられるのですが、今回の定義で考えた時には適切ではないと判断しました。自分がなりたいからだを意識しながらそこにだけフォーカスするというのは、自分自身の筋肉のアイデンティティを確立していくという意味では必要なアプローチです。

 ただ体に起きる反応は人それぞれです。原則的な考え方でデカさと美しさの方法論をわけてはみたものの、やってみたら全く逆の結果がでてしまうという事は十分に考えられます。美しくしようとしたら何故か普段のトレーニングよりサイズアップの方の効果が大きかったとか、その逆もしかりです。

 いずれにしても皆と同じ事をおなじようにやっていくというのが退屈だと感じるのであれば何か特殊な事にチャレンジしてみるのはモチベーションアップにもつながる事ではないかと思います。

 画一化された価値観の中で筋トレを行って行くと、結局は自分らしさを失い最悪薬物などにてを出してしまったり、体を壊してしまったりフィットネスとは程遠いよくない方向に向かってしまうことになりかねません。あなたがカッコいいと思えるからだはきっと他の沢山の人もかっこいいと思うからだです。だれかが作った価値観から抜け出して自分らしい身体を作っていきましょう!

6畳筋トレタカ
ホームジムで筋トレを始めて5年。毎日勉強!毎日筋トレ!普通の人が筋トレでボディメイクしていく方法を発信。自宅でも十分筋トレができる器具も紹介。みんなで筋トレ楽しもう♪YouTubeも配信中!

YouTube
Twitter
note

ゴリマッチョ VS 細マッチョ!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ