NEW

ぽっこりお腹解消! 下っ腹を鍛える腹筋種目「レッグレイズ」のポイント

【この記事のキーワード】

, ,

 年齢とともに、お腹周りの脂肪はつきやすく、落としにくくなってきますよね。

 下腹部に筋肉をつけて、エネルギー消費を高め、ぽっこりお腹を解消するトレーニングといえば「レッグレイズ」。

 今日は、レッグレイズで意識するポイントや、おすすめ回数、セット数についてまとめていきたいと思います。

 レッグレイズには、様々なフォームがあります。

 懸垂マシーンにぶら下がった状態からスタートしたり、仰向けに寝っ転がった状態からスタートしたり…。

 しかし、最初に始めるなら、おすすめは「フラットベンチに座って行うレッグレイズ」です。

 理由はいくつかありますが、1番のポイントは、下の写真のような形でベンチを掴むことができるからです。

 この掴み方ができると、ストレスが少なく足をV字に持ち上げていくことができます。

 そして、もう1つ。

 椅子の端に座ることで、揃えた足を動かせる幅が広がり、腹筋の可動域を広く確保できるようになるからです。

 そして、腹筋の可動域は広げますが、大事なポイントは、

「背中を丸めたままの状態でエクササイズを行う」

ということ。こうすることで、腹筋、特に下腹部で足を動かしたり、上半身を支えられます。

 最初の15回は、足を極力伸ばしたまま膝がおでこにつくようなイメージで身体をたたんでいき、その後に、レスト時間を少なく(60秒くらい)ニー・トゥー・チェストに切り替えていきます。

 これも15回。

 足を上げている時、テンションがかかる時にしっかりと息を吐いていきましょう!

 顔はおへそを覗き込むようにして、腹筋で身体を支えながら足を動かしていく意識を持ってトレーニングを行ってみて下さい。

 足を伸ばして15回、ひざを90度に曲げてニー・トゥー・チェストの状態で15回。

 これを1セットとして、3セットを目安にやっていきましょう!

ぽっこりお腹解消! 下っ腹を鍛える腹筋種目「レッグレイズ」のポイントのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ