NEW

筋肉の伝達を良くして力みをなくす練習方法

【この記事のキーワード】

, ,

水泳元日本代表の森隆弘です。

僕自身、レッスンの為にもちろん
プールには入りますが
  

練習がなかなか出来ないので
久しぶりに泳ぐと筋肉の伝達が
うまくいかない為に
すぐ腕が疲れたり足が疲れやすくなります。
(僕も疲れるんですよ笑)
 

「腕が疲れやすい・足が疲れやすい」と
言う方は、そのパーツだけて泳ごうとするので
必要以上に疲れやすくなります。


それが、大会で言うと「力み」と
言われるかもしれません。


ですので、水中で筋肉の伝達をさせる為の
練習はないかを探していました・・・

その時に良い感じだなと思う
練習方法を見つけたのでご紹介させて頂きます。


それはドラックスーツを使った練習方法です。
ドラックスーツをまだご覧になられて
いない方は、以下よりご確認ください。

ドラックスーツは
オリンピックメダリストも愛用している
人気トレーニング水着になり
普段の練習水着の上に履きます。


もちろん負担がかかりきつさはありますが
「重過ぎて泳げない」にはならないです。


以前は、スピード練習で使うと良いと
思って使っていましたが
やり過ぎると力みやすくなるので
今回、スピード練習では使用しません。


それでは、練習メニューをご紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Warm Up
→ 200m×1本

ドラックスーツ
→ビート板キック10分
→スイム10分
(時間ある時はプルも行う)

フォーム(ドラックスーツなし)
→ 50m×8本
(ここで良い感じで泳げます)

ディセンディング
→ 50m×4本
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上になります。


ドラックスーツのところは、
いきなり10分はきついと思いますので
5分くらいでも大丈夫ですが、


スピードは必要ないですが
ドラックスーツを着けて長く泳ぐというところが
重要になります。


試しに短い距離や短い時間でやってみましたが
筋肉の伝達を考えると足りなかったのか
スイムのところが気持ちよく泳げませんでした。


それぞれベースは、異なりますので
無理せずいつもよりも続けて長く泳いでるかな
ぐらいで良いと思いますので試してみてくださいね。


ドラッグスーツのサイズは
男性はM・女性はSをお勧めします。
ちなみに僕は、Mサイズになります。


筋肉伝達をよくしてバランスが取れた泳ぎを
ドラックスーツで作り上げて下さいね。

筋肉の伝達を良くして力みをなくす練習方法のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ