NEW

バルクアップに最適な食べ物

【この記事のキーワード】

,

 今日はバルクアップについての話をしたいと思います。

 私は減量は得意なのですが、バルクアップはなかなかうまくいきません。そんな私でも、今日紹介する食べ物をちゃんと食べるようにしてからは、少ないながらもしっかりと筋肉が増えていくようになりました。

 トレーニーはどうしてもタンパク質ばかりに目が行きがちですが、バルクアップに重要なのはタンパク質だけではありません。むしろ、炭水化物の方が重要なのではないかと私は思います。

 

知っておかなければならない事

1.世界で最も健康的な食事はデンプンを基本にした食事をしています。あなたがトレーニーならば、デンプンを基本にした食事から大きな価値を得られるかもしれません。

2.白米は、「運動を全くしない人」「太り過ぎの人」「肥満性の疾患を抱える人」には向いていません。

3.玄米や他の全粒穀物には、ミネラルの吸収を阻害し、消化器系への刺激を引き起こす可能性があるフィチン酸が含まれています。

4.年齢を重ねたトレーニーはトレーニングに十分な量の炭水化物を食べないため、スキニーファット(細いけど脂肪が多い)になってしまう事がよくあります。

5.脂肪を減らすには、総摂取カロリーを抑える事が重要です。減量中であったとしてもアンダーカロリーの状態でPFCバランスをコントロールする事で、進歩していく事も可能です。

***

 全く運動しない、肥満で代謝異常などの病気を抱えている人にとって、白米は生クリームたっぷりのショートケーキと何も変わりません。

 しかし、運動している人たちにとって白米はワークアウトを活性化し、回復を促進する非常に優れた炭水化物源になります。おまけに白米には食物アレルギーなどはなく、消化器官への負担も少なく、微量栄養素の吸収を阻害してしまうというような問題もなく、他の炭水化物源が持っているような潜在的な欠点は皆無です。

 

白米は最高の炭水化物源

 ここまで話せば、もうお分かりですよね?

 バルクアップに最適な食べ物は白米です。私たち日本人の主食である白米は、世界中のアスリートやトレーニーたちから最も注目されている炭水化物源なんです。

 炭水化物の質は、量と同じくらい重要です。食事の持続可能性、消化、代謝、全体的な健康への影響などの点で質が問われます。低炭水化物ダイエット、ケトジェニックダイエットはファストフードや、ジャンクフード、全粒粉ならなんでもOKの高炭水化物ダイエットなどと比較すればそれは勿論すぐれたダイエット方法でとても簡単に行えます。

 で、も低炭水化物の食事法やケト食は単純に炭水化物をとる食事よりすぐれているとは言えません。実際、日本では主に海外の食文化が一般化する1991年以前まで、糖尿病と肥満の割合が人口の3%を超える事など一度もありませんでした。

 もし白米が本当に肥満や糖尿病の原因だと言えるのであれば、日本人の肥満化率は世界トップクラスでなければなりませんが、実際は幸いな事に先進国で最も低いレベルです。

 

注意するべきことは?

 重要なのは食べる量です。何度も言いますが、全く運動しない人、肥満の人、代謝異常などの病気の人は白米を積極的に食べるべきではないでしょう。どちらかというと、控えるべきです。

 私も減量となれば、まず白米を我慢する事から始めます。ただバルクアップとなれば、話は別です。しっかりと白米を食べています。とにかく食べ過ぎだけに気を付けてください。

 では、トレーニーが一日にどれくらいの量の炭水化物をとると良いのか?

 目安として、除脂肪体重、もしくは目標体重kgあたり2.2~4.4gです。60kgの除脂肪体重を目指しているのであれば、炭水化物量で132~264gという事になります。ご飯1膳160gだとすると炭水化物量は約60gなので、お茶碗で3~4杯分食べれば十分という事になりますね。

 バルクアップにしては意外と少ない、という印象だと思います。

 白米はバルクアップには最高の炭水化物源です。食べすぎにだけ注意して、日本人である事の恩恵を最大限活用しましょう!

6畳筋トレタカ
ホームジムで筋トレを始めて5年。毎日勉強!毎日筋トレ!普通の人が筋トレでボディメイクしていく方法を発信。自宅でも十分筋トレができる器具も紹介。みんなで筋トレ楽しもう♪YouTubeも配信中!

YouTube
Twitter
note

バルクアップに最適な食べ物のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ