NEW

番組司会やイベント……”落ち目”AKB48が競馬界とズブズブ関係を築く「カネと愛欲」の裏事情

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
akb480223.jpg

 以前ほど露出が少なくなったとはいえ、今も芸能界に大きな影響力を持つAKB48。アイドルの彼女たちが、競馬番組や競馬のイベントにやたらと参加していることは、よくよく考えると不思議な話だ。

 競馬場でのライブ、握手会、競馬番組でのアシスタント、2億5000万円馬の命名、AKB48ドリーム馬券、ガチ馬予想大会、JRAのCM出演……。

 さらに篠田麻里子、芹那、大島麻衣、小嶋陽菜、白石麻衣、宮澤佐江といったAKBグループの新旧メンバーがフジテレビの競馬番組を持つまでに勢力を拡大し、その勢いは止まることを知らない。

 しかしこの背景にはファンも知らない大人の事情があるようだ。

 デビュー当時、長い間まったく売れず存続の危機にあったAKB48。そこに資金を提供したといわれているのが、AKB48の総本山といえる管理会社、AKS設立に参加した窪田康志の実父、窪田芳郎氏。息子であるAKSの窪田康志氏の要請に応じて、20億円とも30億円ともいわれる資金を提供した。

 そして解散寸前にあったAKB48はこの資金を元に成功をおさめ、一躍日本を代表するトップアイドルへと駆け上ったのである。

 この窪田康志氏は、競馬の一口馬主法人「大樹レーシング」の代表を務めていたが、不正経理などが社会問題になり引責辞任となったことがある。また個人馬主として中山馬主協会に所属しており、毎年有馬記念を前に行われる中山馬主協会主催のレセプションパーティーは、AKBグループのお披露目会場とも呼ばれ、過去にはAKB48のミニライブが行われたこともある。これも窪田氏による後押しがあったことは間違いないだろう。

 そもそもAKBの設立と運営には、大手広告代理店の電通が大きく関わっているが、JRA日本中央競馬会の専属広告代理店も電通である。その結果、東京競馬場ではAKB48の握手会や河西智美のソロデビューライブ、中山競馬場では乃木坂46のライブが行われているのだ。

 未成年者も多く所属するAKBにおいて、20歳以上しか馬券が購入できない公営ギャンブルの競馬イベントやテレビ番組に多く参加することに違和感を覚える人も多かろうが、所属会社のAKSの窪田氏と電通が絡んでいるとなれば、納得できる話だろう。

 中でも、AKBとして初めて競馬番組司会に登用された篠田麻里子は、馬主でもあり当時AKSの中心人物でもあった窪田康志の鶴の一声で起用されたとの話。ご存じの方も多いだろうが、この窪田氏と篠田は、「週刊文春」(文藝春秋)によって同じマンションに住み愛人関係にあると書かれたこともある間柄。その真偽は不明だが、篠田麻里子が馬主である窪田氏の影響で競馬番組に起用されることは自然な流れのように感じる。

 さらに同じく窪田氏と愛人関係にあると噂になった河西智美や小嶋陽菜もまた、競馬番組やイベントに多く参加していることからも、競馬番組に出演しているAKBメンバーは窪田氏のお気に入りだというもっぱらの噂だ。

 今後新たなメンバーが競馬番組に出演するようになれば、ファンとしては露出が増えてうれしいだろうが、反面、それは窪田氏と深い関係にある人物だと思えてしまうため、ファンにとっては複雑な心境だろう。

番組司会やイベント……”落ち目”AKB48が競馬界とズブズブ関係を築く「カネと愛欲」の裏事情のページです。GJは、エンタメ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事