NEW

「グランプリ失格」の烙印も当然!? 有馬記念ファン投票で、露骨すぎる”票操作”発覚

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keiba0224xs.jpg

 いよいよ明日27日に迫った今年最後の競馬、第60回有馬記念(G1)。全国のスポーツ紙では毎日のように競馬が一面を飾り、JRA(日本中央競馬会)も数種類のCMを用意するなど、師走の大一番に向かって大きな注目を集めている。ただ、そんな盛り上がりに水を差すような”とんでもない事実”が発覚した。

「私も知ったときはびっくりしました。ここまで”露骨”にやるのか……と。確かにこれではフェアなファン投票とはいえないかもしれませんし、公正さを欠いていると批判されても仕方ないでしょうね」(競馬記者)

 日本競馬を代表するレース有馬記念は、別名「グランプリ」といわれている。その理由は、レースの出走馬が競馬ファンの投票によって選出されるからだ。国民的アイドルグループAKB48の総選挙が、SKE48やHKT48のようにAKB48グループに所属していれば誰にでもチャンスがあるように、有馬記念のファン投票でもJRAに所属していれば、どんな馬にも出走するチャンスがある。

 つまり、競馬ファンが純粋に「応援したい」と思いを込めた投票によって出走馬が決まるからこそ、有馬記念はグランプリにふさわしい国民的な人気を誇るドリームレースなのだ。ファン投票の歴代1位だけを振り返ってもオグリキャップにディープインパクト、ナリタブライアンにオルフェーヴルと競馬史を彩った歴代の名馬がずらりと並ぶ。

 そして、見事今年のファン投票1位に輝いたのが、明日の有馬記念で引退となるゴールドシップだ。G1を6勝した葦毛の怪物もいよいよラストランということで、その走りを一目見たいファンから多くの票を集めた結果だろう。しかし、”とんでもない事実”が発覚してしまったのはゴールドシップが集めた、その12万981票という投票数だった。

 実は、昨年の有馬記念のファン投票1位もゴールドシップだった。去年は宝塚記念(G1)の勝利や日本を代表してフランスの凱旋門賞(G1)にも出走したゴールドシップだったが、有馬記念の獲得投票数は6万6,796票。つまり今年の約半分しかなかったのだ。それに今年のゴールドシップは春に天皇賞(G1)を勝ったが、その後はさっぱり。秋初戦のジャパンカップ(G1)でも10着大敗という体たらくぶりだ。しかし、有馬記念の獲得票は倍増。有馬記念での引退はそんなにも大きいのだろうか。

「そんなことはありませんよ。有馬記念の名馬引退は定番ですし、今年はファン投票2位のラブリーデイが11万3,412票、キタサンブラックでさえ去年のゴールドシップを軽く上回る9万3,925票を集めています」(競馬記者)

 つまり、有馬記念のファン投票そのものが全体的に倍近い票に伸びているということか。今年の競馬が世間から特に注目されたというわけでもないし、今回から投票方式が変わったのかというと、そうでもないようだ。去年までと変わらず「1人1~10頭までなら自由に投票して良い」という方式だった。

「実は昨年のゴールドシップの6万6,796票というのは、歴代の有馬記念ファン投票1位の中で1977年以降、最悪の数字でした。もちろんファン投票の票数は、競馬人気のバロメーターのようなものです。そんな重大な投票結果が著しく悪いとなれば、JRAは当然ながら競馬のファン離れに大きな危機感を抱かずにはいられないでしょう。そこでJRAは今年のファン投票の特典として、例年の豪華賞品に加えて”特賞”として60万円分の純金を使用した”純金馬像”まで用意。それも投票数を伸ばすために『投票馬を10頭選んだ人にだけ当選のチャンス』とまで銘打ったんです」(同)

 確かに”60万円分の純金がタダ”で手に入るのなら、多くの人が無理矢理にでも10頭選んで投票して当然だろう。そうなると推しメンならぬ”推し馬”の投票を終えたファンが、残りの枠を埋めるためにゴールドシップなど、有名な馬を適当に投票することは十分に考えられる。しかし、ネット上では「60万円の純金馬、笑える」「票集めたいだけ」「やり方露骨すぎでしょ」「10頭めんどくさい」など、実際にファン投票を行ったであろう競馬ファンから批判的な声が多く見受けられた。

 毎年の有馬記念のファン投票の結果は新聞各紙でも大々的に取り上げられるから、隠したくても隠し切れないJRAの事情は理解できる。ただ、競馬人気が低迷しているとはいえ、このような露骨で姑息なやり方はいかがなものだろうか。これでは有馬記念が「グランプリ失格」といわれても仕方がないかもしれない。

「グランプリ失格」の烙印も当然!? 有馬記念ファン投票で、露骨すぎる”票操作”発覚のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事