NEW

【徹底考察】阪神大賞典(G2) トーホウジャッカル「『3分間の奇跡』を再び見せる時がやってきた」

【この記事のキーワード】, ,

【血統診断】
 スペシャルウィーク×Unbridled’s Songという配合は、必ずしも3000mがベストとは言えないように思う。菊花賞馬に対して失礼かもしれないが、血統だけを見たベストはおそらく2000mから2400m辺り。父フジキセキの姉トーホウアマポーラがスプリント路線で活躍したように、母方にはそれほどのスタミナがないからだ。とはいえ、近年は長距離戦だからといってスタミナ血統ばかりが活躍しているわけでもないので、この距離でも乗り方一つだろう。ただ成長力に関しては、血統的にあまり感じられないだけに長期のブランクがどうか。

≪結論≫
 一昨年の菊花賞ほどでなくとも、昨年の宝塚記念のパフォーマンスさえ発揮できれば、この舞台なら十分に上位争いが可能だ。ただし、宝塚記念は菊花賞と同じ馬体重で出走できていた。あくまで数字上のことだが、今回もどこまで絞れるかが一つの目安にはなるはずだ。

 そして、スペシャルウィークは決して成長力に乏しい種牡馬ではないが、成功例の大半がノーザンダンサー系との配合という事実も気に掛かる。本場はミスプロ系との配合で母母父にノーザンダンサー系ヌレイエフがいるが、果たしてどうか。最後に鞍上にM・デムーロを迎えたことは「レースに勝つということだけ」で考えれば間違いなくプラスだろう。

 来たる春の天皇賞につながるレースを見せてほしい。
(監修=下田 照雄 栗東担当)

【徹底考察】阪神大賞典(G2) トーホウジャッカル「『3分間の奇跡』を再び見せる時がやってきた」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール