NEW

「ダメ馬にはダメ馬なりの道がある」!? パイオニア森秀行調教師の「無謀なる遠征」に称賛の嵐

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
soutatu0225xs.jpg「AC photo」より

 先週26日のドバイワールドカップデイでは、武豊騎手騎乗のラニが見事UAEダービー(G2)を制覇した。

 史上初の快挙に日本のファンのメディアが歓喜に沸くと、管理する松永幹夫調教師からは、ダートの本馬アメリカ競馬の最高峰となるケンタッキーダービー(G1)への挑戦が高らかに告げられた。

 そんな輝かしい歴史の1ページの陰で、一部の関係者からは同じくUAEダービーに管理馬を送り込んでいた森秀行調教師の手腕に『称賛の声』が集まっている。

「手腕」と述べても、「出走させたユウチェンジとオンザロックスを海外遠征という難しい環境の中で完璧に仕上げた」という単純な話ではない。森調教師が絶賛されているのは、この2頭を「UAEダービーという舞台に出走させたこと」である。

 今だからこそ言えることだが、今回のドバイ遠征組がJRAより発表された際、ドゥラメンテやリアルスティールといった日本を代表する実力馬の中で、ユウチェンジとオンザロックスの2頭は浮いた存在だった。

「何故、こんな馬が選ばれたの?」「一体、ドバイに何しに行くの?」一部のメディアやファンからはそんな声が聞かれ、中には「日本の恥をさらしに行くようなもの」という厳しい意見もあった。

 それも仕方ないかもしれない。2頭の内、成績の優れたユウチェンジでさえ6戦して1勝。朝日杯FS(G1)4着の実績があるが、これはリオンディーズやエアスピネルに4馬身以上離された、いわば”負け組”であり、3着から10着までが0.3秒差という大接戦の中、辛うじて得た4着だ。それも当時は、単勝85.9倍の10番人気での激走だった。

 もう一頭のオンザロックスになると、さらに成績が芳しくない。9戦して1勝。きさらぎ賞(G3)5着の実績があるが、これは僅か9頭立てのレースをノーマークで逃げ粘って、なんとか真ん中あたりでゴールした結果でもある。ちなみに単勝は170.8倍のブービー人気。勝ち馬のサトノダイヤモンドからは1.8秒、約10馬身突き放されていた。

 一方でUAEダービーを勝つことになるラニは早くからダートの才能を認められ、松永幹調教師が早々にUAEダービーの遠征プランを掲げている。結果によってケンタッキーダービーへの出走も視野に入れていたほどの素質馬だ。

 この通り、森厩舎の2頭は本来であれば海外遠征どころか、日本でクラシックに出走することすら極めて難しい”ダメ馬”だった。だからこそ、ドバイ遠征組に選ばれた際の”お荷物感”は多くの人が感じても仕方のないことだった。

「ダメ馬にはダメ馬なりの道がある」!? パイオニア森秀行調教師の「無謀なる遠征」に称賛の嵐のページです。GJは、コラム、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事