NEW

『春のG1連戦スペシャル企画』競馬評論家が怪物・メジャーエンブレムの「正体」に迫る!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mejorxs.jpg「競馬と景色の写真集」より

 今回は『春のG1連戦スペシャル企画』ということで、いつも【徹底考察】の関東版でお世話になっている競馬評論家の永谷研さんに、桜花賞(G1)で大本命となりそうなメジャーエンブレムについてお話を伺いました。

記者:いつもお世話になってます。今日は、G1開催直前のお忙しいところをありがとうございます。

競馬評論家・永谷研(以下永谷):いえ、構いませんよ。こちらこそ、お世話になってます。

記者:さて、さっそくメジャーエンブレムに関して、いろいろとお聞きしたのですが、まずズバリ「勝つ可能性」は実際のところ、どの程度あるんでしょうか。

永谷:ズバッと来たね(笑)。詳しくはメジャーエンブレムの【徹底考察】を見てもらえればと思うけど、少なくとも「絶対的な存在ではない」とは言えるかな。

記者:ということは、他の馬にもチャンスがあるということですね。しかし、あれだけ強い逃げ馬だと、誰かが強引に競り掛けて「いつもの逃げる競馬をさせない」もしくは「超ハイペースに巻き込む」といった対応策を取ってくる可能性もあるのでは?

永谷:確かに、強い逃げ馬がそうして負けるケースはある。ホッコータルマエに徹底マークされた昨年のコパノリッキーとかがそうだね。けど、今回そうなる「可能性は極めて低い」と思うよ。

記者:そうはならないと……?

永谷:まずメジャーエンブレムの数少ない弱点が、その前向き過ぎる気性だから。仮に強引に潰しに来る馬がいた場合、それはメジャーエンブレムにとってはむしろ歓迎材料。折り合いに不安のある馬にとって、前に馬を置けることに越したことはない。もちろん、そんなことは各関係者も踏まえてるし、逆にルメールを喜ばせるだけになる可能性が高いから、わざわざしないと思うよ。

記者:なるほど。

永谷:あとは、メジャーエンブレムが踏んでるラップだな。阪神JFの前半1000mが58.7秒。前走のクイーンCに至っては57.8秒。こんな速い馬を潰しに行くのは単純に難しいし、仮に行けたとしてもタダでは済まないでしょう。古馬のG1ならともかく、一生に一度のクラシックの舞台で”つぶれ役”になりたい馬なんていないと思うよ。

記者:確かにあれを追いかけるのは、相当な覚悟がいりそうです。

永谷:第一、メジャーエンブレムはスピードの違いでハナに立ってるだけで「逃げなきゃダメ」っていう馬ではないからね。仮に潰しに来ても「お先にどうぞ」となるだけだと思うよ。

記者:では、クイーンC(G3)からのローテーションについては、いかがでしょうか。グレード制が導入されてから、クイーンCから桜花賞に直行して勝った馬はいないんですよ。

永谷:そうなの?

『春のG1連戦スペシャル企画』競馬評論家が怪物・メジャーエンブレムの「正体」に迫る!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!