NEW

G1制覇もあった!? 落馬負傷中・浜中俊騎手が失ったものが「あまりに大き過ぎ」て悲しい……

【この記事のキーワード】

, ,

hamanaka.jpg浜中俊騎手(チームグリップ公式サイトより)

 関西のトップジョッキーの一人、浜中俊騎手(栗東)が落馬事故を起こしてから、もう2か月になる。

 2月7日、東京競馬のメインレースとなっていた東京新聞杯(G3)。1番人気のダッシングブレイズに騎乗していた浜中騎手は、最後の直線で強引に最内に潜り込もうとするも内柵に激突。

 そのまま落馬して、脳震とうの他に左トウ骨遠位端、左第2指中手骨骨幹部近位、左第4指基節骨基部、左第4指中手骨頸部(けいぶ)の計4カ所の骨折、全治3カ月の診断を受けた。

 2012年にJRA最多勝利騎手に輝くなど「ポスト武豊」の筆頭に挙げられている浜中騎手。大きな落馬事故で命に別状がなかったことは幸いだが、毎年リーディングを争っているトップジョッキーだけに3カ月の離脱は、やはり痛い。

 しかし、それ以上に関係者の間で『失ったものが大き過ぎる』と言われているのが、浜中騎手のお手馬たちだ。

 まずは、浜中騎手が落馬した際に騎乗していたダッシングブレイズ。先述した東京新聞杯でも1番人気に推されていたほどの素質馬で、その後は先々週の中山でダービー卿CT(G3)に戸崎圭太騎手と共に出走。レースは6着に敗れたが、昨年のリーディング騎手だった戸崎騎手から戻ってくるのだろうか。

 一方、同日の阪神のメインレース大阪杯(G2)には昨年の最優秀4歳上牡馬のラブリーデイが出走。本来の主戦は川田将雅騎手だったが、昨年末の連敗の影響か今回はM・デムーロ騎手への乗り替わりだった。

 これも、ラブリーデイが浜中騎手とのコンビで昨年の天皇賞・秋(G1)を制しているだけに、健在であれば再び白羽の矢が立った可能性は十分にあった。

 さらに先週の土曜日には昨年、浜中騎手とのコンビで牝馬二冠を達成したミッキークイーンが登場。C・ルメール騎手に乗り替わった阪神牝馬S(G2)では2着に好走した。今年初戦としては上々の結果に、ルメール騎手も「この次は楽しみ」とご満悦。次走はヴィクトリアマイル(G1)となるが、もちろんルメール騎手は乗る気満々だろう。

 それだけではない。今年最初のG1フェブラリーSでも、本来であれば昨年のチャンピオンズC(G1)で4着だったロワジャルダンとのコンビで参戦していたはず。しかし、実際のロワジャルダンは関東の大御所となる横山典弘騎手とのコンビが組まれた。

 ロワジャルダンとは、今年初戦も当日に別件で落馬した影響で乗れず……果たして「落馬ばかり」と印象を持たれても仕方ない主戦騎手の手元に、ダート路線の相棒は戻ってくるだろうか。

G1制覇もあった!? 落馬負傷中・浜中俊騎手が失ったものが「あまりに大き過ぎ」て悲しい……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!