NEW

不可解な外国人騎手礼賛に「馬鹿の一つ覚えか!」メジャーエンブレム惨敗で考える外国人騎手の「レベル」と「扱い方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160121_keibaxs.jpg競馬

 2歳王者にとっては何とも歯痒い、そしてファンにとっては不可解な敗戦だった。

 10日に行われた3歳牝馬クラシック第一弾・桜花賞(G1)。単勝1.5倍と圧倒的な人気を集めていたメジャーエンブレムは、これまで見せていた積極的に前へ行く競馬ではなく、中団よりやや前目から末脚勝負を挑んで4着に敗退。

 何故、これまで通り自ら先頭に立ってレースを作る競馬をしなかったのか……そこには外からでは把握できない様々な要因があったのかもしれない。

 だが、鞍上のC・ルメール騎手には現地で観戦していたファンはもちろん、ネット上でも「これはダメだわ」「なんで逃げないの?」「あまりにも消極的」と批判の声が集まっているようだ。

 無論、億単位の大金が掛けられるG1で単勝1.5倍の馬を馬券圏内から飛ばしてしまったのだから、その”敗者”と”失われた金額”は計り知れない。だから、いつにも増して「怒りの声」が上がるのも仕方がない。

 だが、それらを差し引いても今回のルメール騎手の騎乗はあまりにも慎重すぎ、それが”相棒の個性”を殺してしまったように見えた。

 その一方で、見事ジュエラーで桜花賞を制したM・デムーロ騎手には称賛の声が多く聞かれたが、実はその前の週には大阪杯(G2)で1番人気のラブリーデイで4着に敗退し、自身も「最悪の競馬だった」と自らのミスを認めている。

 その上で筆者が強く”違和感”を覚えたのは、外国人騎手が先述したような騎乗ミスで人気馬を惨敗させても、多くの調教師を始めとした関係者が鞍上をまったく責めないところだ。

 日本の競馬界特有の『外国人騎手礼賛』という風潮は、今に始まったことではない。だが、ルメール騎手とデムーロ騎手がJRA騎手として通年で騎乗し始めてからは、特に強くなった印象を受ける。

 無論、日本に来る外国人騎手の多くは国を代表するトップジョッキーであり、当然ながら技術も経験値も高く、中には世界でも有数の腕を持つ騎手もいる。

 しかし、当然ながら外国人騎手すべてが世界有数の技術を持っているとは限らないのだ。

 ましてやデムーロやルメールといった凄腕騎手でさえ、当然ながらミスもする。桜花賞や大阪杯のように人気馬で着外に敗退することも、決して珍しいわけではない。

 しかし、それでも競馬関係者、そして競馬メディアも外国人騎手を批判することはとにかく稀であり、他の日本人騎手の扱いとは大違い。騎乗ミスによる乗り替わりも少なく、逆に「ただ名前が、カタカナ」というだけで闇雲に有力馬が集まっている印象さえ受ける。

 実際に、ここ数週間でも先述した大阪杯のラブリーデイを始め、天皇賞・春(G1)で昨年2着したフェイムゲームの鞍上がH・ボウマン騎手に決まった事にも違和感を抱かざるを得ない。

不可解な外国人騎手礼賛に「馬鹿の一つ覚えか!」メジャーエンブレム惨敗で考える外国人騎手の「レベル」と「扱い方」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!