NEW

勝負とは、生きるとは――新刊『ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件』で描かれる「異国のサムライ」の本質

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
rumedemu.jpg『ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件』(KADOKAWA)

 ミルコ・デムーロ騎手と、クリストフ・ルメール騎手――。

 今、日本の競馬界はこの2人の外国人騎手を中心に回っていると言っても過言ではないだろう。昨年途中から日本競馬初の「通年免許」を得た両名は、その期待や注目度に違わぬ、いや想像すらも超えた活躍を見せている。

 無類の勝負強さでわずか1年の間に中央G1競走を6勝(4月13日時点)したデムーロ騎手。そして今年、3着内率5割(4月13日時点)という脅威の安定感で勝ち鞍を重ねるルメール騎手。世界でもトップクラスの実力を持つであろう2人に対し、競馬ファンも素直に賛辞を送っている。

 そんなデムーロ、ルメール騎手と親交が深く、日本馬の遠征を中心に海外競馬の取材を続ける平松さとし氏が構成を手がけ、2人の共著として4月7日に発売されたのが『ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件』(KADOKAWA)である。彼らが語る「勝負論」を通じて、騎手として、一人の人間としてのプライドやパーソナリティも浮き彫りになる見事な一冊であると、最初に申し上げておく。

 構成は2人の「対談」ではなく、テーマに沿ってそれぞれ個別に語ってもらうもの。「デムーロの本」「ルメールの本」を同時に楽しめるという形になっているが、各テーマごとで2人の考え方の違いや共通点を見つけられるのが面白い。文章もデムーロ騎手がくだけた語り口調で、ルメール騎手が敬語。これもキャラクターということか。

 本編では、2人が騎手になった経緯やお互いの印象から始まり、世界を転戦することの重要性や日本競馬の素晴らしさ、凱旋門賞や海外のビッグレースへの思い、プレッシャーの処理方法、それぞれの目標や食事、そしてライフスタイルにまで踏み込んでいく。

多くの人が知るところであるが、デムーロの「日本愛」はやはり本物。日本の競馬そのものはもちろん、住まいとなる京都や日本食にまで話が及び、「本当に大好き」を連発する。そして、その中に見えるのが「感謝の思い」だ。いつも気さくで明るい雰囲気のデムーロ騎手だが、そこには故郷・イタリア競馬への切ない思いや、多くの国で騎乗した経験、たどり着いた日本という舞台での絶え間ない努力、文化への適応などが見え隠れする。決して一筋縄で今のポジションについたわけではないことが、本書を読めば一目瞭然だ。だからこそ、彼の言葉の端々から熱いハートと「感謝」を感じるのかもしれない。

勝負とは、生きるとは――新刊『ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件』で描かれる「異国のサムライ」の本質のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!