NEW

過去には15番人気激走で162万円馬券も飛び出した!必見の皐月賞穴馬データを特別公開!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aunauma.jpg

 日曜に迫った第76回皐月賞。ここ数年の結果を見ると人気馬が好走する傾向も見られるが、過去10年に広げると意外に人気薄の激走も多い。さらに1番人気馬に限れば過去10年でわずか2勝と少々寂しい結果になっており、波乱含みの一戦といえよう。

 確かにサトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズといった強力メンバーは揃ったものの、先週の桜花賞で断然人気のメジャーエンブレムが敗退したように競馬に「絶対」はない。ならばこの皐月賞でも穴馬を探して勝負するのが男の生きる道だ。まずは過去10年で激走(6番人気以下)した穴馬をまとめてみよう。

2006年
——————————–
メイショウサムソン [6番人気1着] ドリームパスポート [10番人気2着]

2007年
——————————–
ヴィクトリー [7番人気1着] サンツェッペリン [15番人気2着]

2008年
——————————–
キャプテントゥーレ [7番人気1着] タケミカヅチ [6番人気2着]

2009年
——————————–
トライアンフマーチ [8番人気2着]

2010年
——————————–
ヒルノダムール [6番人気2着] エイシンフラッシュ [11番人気3着]

2011年
——————————–
ダノンバラード[8番人気3着]

2014年
——————————–
ウインフルブルーム [8番人気3着]

 以上の11頭が該当するが、10番人気以下も3頭おりなかなかバラエティに富んでいる。ちなみに皐月賞3勝の武豊騎手は過去10年で

1番人気で4着、4着
2番人気で6着、13着
3番人気で11着

 と上位人気ではまったく馬券にならず、逆に8番人気で3着という実績。上位人気なら「消し」、人気薄なら「買い」といえるかもしれない。

 それではさっそく上記過去10年に人気薄で3着以内に好走した馬の傾向から、今年の穴馬候補を探ろう。

過去には15番人気激走で162万円馬券も飛び出した!必見の皐月賞穴馬データを特別公開!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!