NEW

下らない「上下関係」が生んだバドミントン違法カジノ問題……横暴の「元凶」は学生スポーツの無能な指導者に?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
momota.jpgNTT東日本ポスター

 19日、日本バドミントン協会はバドミントン男子の田児賢一、桃田賢斗らが違法カジノ店で賭博行為をした不祥事に関しての調査終了を報告。銭谷欽治専務理事は「再発防止に全力を尽くしたい」と語ったのだが……。

 調査の中で明らかになったのは、バドミントンに限らず、スポーツ界に蔓延する「上下関係」が、多くの選手が賭博に関与したということだ。調査の中で同じくNTT東日本に所属した西本拳太も違法カジノ店に出入りしていたことがわかったが、どうやら行った理由は「田児先輩に『ついて来い』と引っ張られた」ということだったそう。桃田を除き賭博行為が発覚した8人は、すべて田児選手と同じ埼玉栄高校の出身。高校時代から続く先輩後輩の関係は、実業団でも変わらなかったということだ。

 体育会系全般に言えることではあるが、先輩からの暴力や社会人でいうところの”パワハラ”は、いまだに蔓延している。礼儀が大切だという言い分は理解できるが、それが暴力や違法行為を助長するものとなる場合も少なくないのが実情だ。よくもまあ古い時代の慣習を引きずっているものだと呆れるばかり。

 高校野球などは、注目度の高さもあるのだろうが、よりその傾向が強い印象を受ける。野球部の暴力沙汰による対外試合禁止処分などは毎年恒例のごとく起こり、そのたびに大きな報道がなされる。今年薬物所持、使用で逮捕された清原和博被告などは、甲子園を沸かせたPL学園時代の上下関係について「暴力は伝統」と誇らしげに語り、あれがなければ強くなれなかったとまで語っている。はっきり思うのは、そこまでして強くなる必要などあるのかということだ。同期だった桑田真澄は、まったく別の見解を示しているが……。

下らない「上下関係」が生んだバドミントン違法カジノ問題……横暴の「元凶」は学生スポーツの無能な指導者に?のページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!