NEW

岩田康誠騎手が「ブエナビスタ級」と絶賛の素質馬参戦で話題のフローラS(G2)。頂上決戦オークスへ向かうのはどの馬か!

【この記事のキーワード】

, ,

iwatayasunari0304xs.jpg岩田康誠騎手「View author information」より

 ジュエラーとシンハライトによる「2cm差」の大接戦があった桜花賞(G1)から2週間。3歳牝馬たちの争いは、その最高峰となるオークス(G1)へ向けて動き出している。

 桜花賞で断トツの1番人気だったメジャーエンブレムがNHKマイルC(G1)に向かうというビッグニュースが舞い込んできた今週、春の開幕を迎える東京競馬場ではオークストライアルのフローラS(G2)が行なわれる。

 2013年の勝ち馬デニムアンドルビーが本番で3着。2着だったエバーブロッサムが本番も2着。2010年の勝ち馬サンテミリオンがJRA史上初のG1同着を演出するなど、王道はあくまで桜花賞組に譲りながら、このフローラS組は「忘れた頃にやってくる」といった印象が強い。

 周期的に「そろそろあってもいい頃」となる今年は、オークスに出てくれば厄介になりそうな馬が多数出走しているだけに要注意だ。

 まずはもし、ここを勝てば一気に「オークスの惑星」となりそうなスケールを感じさせるのがアグレアーブルだ。

 新馬戦を快勝して挑んだ昨年の東京スポーツ杯2歳S(G3)では、牝馬ながら3番人気に推された逸材。主戦の岩田康誠騎手が「ブエナビスタ級」と評したことからも、この馬の素質の高さがうかがえる。レースは7着に敗退したが、鼻出血によるものと敗因は明らか。

 鼻出血は鼻孔でしか呼吸ができないサラブレッドにとって危険な症状だが、今年の皐月賞で2着したマカヒキも鼻出血から復活した馬であるように、治療すれば問題なく復帰できることが多い。ここは試金石の一戦となりそうだ。

 実績面での筆頭は、桜花賞トライアルのアネモネS(OP)で出走権を勝ち取りながら、あえてオークスに狙いを定めてきたチェッキーノだろう。

岩田康誠騎手が「ブエナビスタ級」と絶賛の素質馬参戦で話題のフローラS(G2)。頂上決戦オークスへ向かうのはどの馬か!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!