NEW

不毛な「泥仕合」に呆然!? 堀江貴文氏×東国原英夫氏「SNSケンカ」に見える、ホリエモンの「キャラ」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
horie.jpg堀江貴文氏(撮影:編集部)

 実業家の堀江貴文氏と、元宮崎県知事で前衆議院議員の東国原英夫氏がSNS上で「罵り合い」を長期間にわたり繰り広げている。

 3月23日に放送された『橋下×羽鳥の新番組始めます!』(テレビ朝日系)内で、堀江氏が現在はタレントの橋下徹氏に「大阪都構想は本を出していれば成功していたかもしれない」と発言。大阪都構想に”反対”する比率が高齢者になるほど増加している中で、橋下氏が考える都構想を理解してもらう手段として「本」を挙げたのだった。これに対し、東国原氏はTwitterで「『本の出版』て(笑)。(中略)その費用をメディア媒体に使った方が明らかに効果は大きい」「橋下氏は、『貴方に大阪都構想の何が分かるのか』と思っていた筈」と堀江氏の意見を真っ向から否定。この発言に堀江氏も「わかってないなあ。出版には時間も金もかかんないですよ。絶対売れるから笑」とすかさず反撃した。このままで終わればよかったのだが……。

 その後も東氏は自身の主張を展開していたため、堀江氏は「まだグダグダ言ってんですか笑。バラエティ番組の企画ごときに」とさらに燃料を投下。これに東氏は激怒したようで「『バラエティごときに』とか言ってる人間(バカ)もいますが、彼等(番組出演者やスタッフ)は少なくとも、TVプログラムに命を賭けてる有志・勇士だと思います」と返した。ここで一旦幕引きかと思われたのだが……。

 しかし今月22日、『バイキング』(フジテレビ系)に出演した東氏は、熊本地震におけるテレビ番組自粛に話題について話し合っている際、堀江氏の「バラエティ番組の企画ごとき」発言を掘り起こした。それをTwitter内でフォロワーから聞いた堀江氏は……。

 ここからの2人のやり取りは、まさに”カオス状態”。「てめーが勝手に絡んできたんだろ。番組の意図すらわかってねーくせによ笑(堀江氏)」、「『てめー』って誰の事だ? どうでもいいけど、てめー、言葉にはちょっと気を付けろや(東氏)」、「そっちが先に喧嘩売ってきたんですがね(堀江氏)」、「橋下氏の新番組及びその中でのてめーの意見に対して、俺なりの意見・見解を述べたまでだ。それに対して『バラエティの企画ごときに』と突っ掛かって来たのはてめーだよ」……永久に決着しない「泥仕合」の様相を呈している。

 当然ながらネット上では「どっちでもいいだろ別に」「口汚い著名人が2人」「どっちも嫌いだからどっちの味方もできない」「みっともない大人。」「SNSでとか回りくどいことすんな」と、2人に対し非難が集中している状況。まあ、文章を見る限りあまりにも幼稚なやり取りなので当然かもしれないが……。

 中には「2人の話題づくり、ヤラセでは」という声もある。確かにこれだけ騒がれるとテレビ出演などにもつながりそうではあるが……。

 現状、2人間では決着しそうにない今回の泥仕合だが、ネット上では「東国原氏優勢」という声が多かった。ただ、東国原氏の発言が的確というよりは「ホリエモンの見下した感じがダメだろ、一応年長者の先輩相手だし」「たかがバラエティって、それを言ったらおしまいだ」と、堀江氏自身へのマイナス意見が多数、ようは”心象”ということである。

不毛な「泥仕合」に呆然!? 堀江貴文氏×東国原英夫氏「SNSケンカ」に見える、ホリエモンの「キャラ」のページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!