NEW

今やAKB48以上のアイドル!? 藤田菜七子騎手参加の「握手会」ならぬ熊本地震募金活動に長蛇の列

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nanakofujita0325xs.jpgNadaraikonより

 見渡す限りの長蛇の列……一体、何人くらい並んでいるのだろうか……。

 24日の東京競馬場。最終レースも終わり、いつもなら大勢の競馬ファンがいっせいに帰路につくところだが、正門前に長い列ができている。どうやらJRAの騎手会で熊本地震の募金活動を行なっているようで、そのために並んでいるらしい。

 熊本では未だ余震に警戒する日々が続いており「僅かでも力になれれば」と、これだけ大勢の人々が列を作っている光景には心温まるものがある。

 だが、どうやら目的は”それ”だけではないようだ。

 100m……200m、いや300mは優に超えているであろう列の先には「ありがとうございます!」と、競馬場では珍しい元気な女性の声が聞こえた。今年の3月にJRA16年ぶりの新人女性騎手としてデビューした藤田菜七子騎手だ。

「少しでも力になれることがあればと思い、参加させて頂きました。たくさんの方にご協力頂き、感謝です」

 昨日23日も募金活動を予定していたが、レース騎乗中に落馬負傷してしまい無念の不参加。今日の参加も危ぶまれたが無事に8鞍の騎乗をこなし、募金活動にも参加する運びとなった。

 それにしても、その人気ぶりは「本家のアイドル顔負け」だ。今の競馬界の話題の中心となるアイドルジョッキーを間近で見られるとあって、藤田菜七子騎手の募金箱の前には男性を中心に、競馬ファンが長蛇の列を作っている。それも募金する際には「握手」までしてくれるのだから、並ぶ人々がひっきりなしになるのも仕方がないことだろう。

 よく、AKB48などのアイドルが握手会などを開催してファンが列を作っている光景を見掛けるが、これだけの人数を並ばせることができるアイドルはほんの一握りだ。募金活動には蛯名正義騎手や柴田善臣騎手、C・ルメール騎手などトップジョッキーも参加したが、彼女の参加なくして、ここまでの人々は集められなかっただろう。

 それも今回は熊本地震の募金活動なのだから「菜七子フィーバー」も大いに結構なはずだ。例え、並んでいる理由が「アイドルとの握手」であろうとも、ただの握手会よりはよほど価値がある。募金する人々も、より気持ちよく募金できるというものだ。

 先週、蛯名騎手が皐月賞(G1)を勝利した際に募金活動の協力を呼び掛け、さっそく競馬界が動き出した。週明けには、和田竜二騎手が個人で日本赤十字社を通じ200万円を寄付。さらには福永祐一騎手らも支援を名乗り出た。JRAもすでに1,000万円の支援を発表している。

 この日は藤田菜七子騎手が参加したこともあって、合計424万1,130円の募金が集まった。前日との合計額は688万7,209円に上る。過熱する報道の中、ホリプロ所属など物議を醸すことも多い藤田菜七子騎手だが、その求心力が如何に大きなものかを改めて示した一日だった。
(文=浅井宗次郎)

今やAKB48以上のアイドル!? 藤田菜七子騎手参加の「握手会」ならぬ熊本地震募金活動に長蛇の列のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!