NEW

断たれた「夢の続き」が見たい……武豊騎手、エイシンヒカリと挑む欧州遠征にファンが期待する理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eishinhikari.jpg武豊騎手とエイシンヒカリ(競馬つらつらより)

 昨年、毎日王冠や香港Cを制するなど大きく飛躍したエイシンヒカリ。陣営としても今年はより「ワールドワイド」に活躍させる年と位置づけている。

 エイシンヒカリは今月27日に日本を出国し、英国へ向かう予定。5月24日に開催されるイスパーン賞(仏G1)の後、6月15日のプリンスオブウェールズS(英G1)に挑戦するということだ。イスパーン賞は1999年にあのエルコンドルパサーが出走し2着、プリンスオブウェールズSには昨年、天皇賞馬スピルバーグが挑戦し6着となっている。

 馬主である「栄進堂」は、香港を中心に海外遠征には積極的。クラブ馬だと賞金面の問題から「国内専念」となる場合が少なくないが、個人馬主であるためその制約もなし。競馬ファンとしても「これは楽しみ」「個人馬主最高」「香港は勝ったし、次は欧州ってのはいいね」と、挑戦に対し前向きな声も多い。国内には安田記念に宝塚記念など、同馬にマッチしたG1競走がないという理由も大きいだろう。24日に開催された香港・クイーンエリザベス2世C(G1)の上位馬を同馬が香港Cで破っていた部分もある。展開など一概にはいえないが「やっぱり強い」とエイシンヒカリの強さを改めて評価する声も多い。

 2戦とも、主戦は変わらず武豊騎手。海外経験豊富な名手にこれまで通り託すというのは自然な流れ。22日には栗東の坂路調教で好調をアピール。来る欧州遠征に向け準備万端といったところか。まずは無事に走り切ることを願おう。

 国内最強クラスの逃げ馬に武豊騎手がまたがっての海外遠征……。往年の競馬ファンにとっては、心躍る要素が満載だ。15年以上前、武豊騎手での海外遠征を期待された悲運の名馬、サイレンススズカを思わずにいられない人も多いだろう。

 98年、4歳(当時表記5歳)時にその怒涛の大逃げで6連勝、毎日王冠で当時無敗のエルコンドルパサー、グラスワンダーの外国産馬2騎をまったく寄せ付けず完勝したレースはいまだに伝説となっている。大目標の天皇賞、そして翌年にはアメリカ遠征も視野に入っていたのだが……。

断たれた「夢の続き」が見たい……武豊騎手、エイシンヒカリと挑む欧州遠征にファンが期待する理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!