NEW

1番人気ポツン惨敗「武豊騎手以上の天才」横山典弘騎手との「付き合い方」を制する者が競馬を制す!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kamisamaxs.jpg「AC photo」より

 この騎手だけは「本当に」わからない……。

 先週24日のフローラS(G2)。本来であれば最も盛り上がるはずのメインレースで、東京競馬場は大きな”ため息”に包まれた。

 それもそのはず、ファンから最も大きな期待を集めた「ビッシュ」は道中”ポツン”と最後方。そのまま直線に入り、大外に持ち出されたものの、何の見せ場もないまま5着でレースを終えた。

 騎乗していたのは関東のベテランジョッキー・横山典弘騎手である。

 デビューからの2連勝が支持されて1番人気でフローラSを迎えたビッシュ。牝馬の頂上決戦となるオークス(G1)への優先出走権の懸かった大事なレースだけに、競馬ファンも本番につながるような質の高いレースを期待していたはずだ。

 しかし、まずまずのスタートを切ったはずのビッシュだったが、いつの間にか最後方の18番手に……。

 これまで中団から差す競馬で2連勝していた馬だけに一瞬故障したのかと思われたが、最終的に大外から勝ち馬と同じ上がり最速の末脚で追い込んでいるのだから、決してコンディションに問題があったとも思えないのだが……。

 この結果を受け、ネット上からも馬券を買っていたであろうファンから「泣きたい」「これはクソ騎乗」「”典”型的なポツンだわ」などの”悲鳴”が上がっていた。

 確かに、いくら直線の長い東京とはいえ、前が止まり辛い開幕週であることを踏まえれば、18番手最後方からの競馬は意味不明の「絶望的な位置取り」と取られても仕方がないかもしれない。

 無論、横山典騎手に勝つ気がなかったわけではない。先日の桜花賞(G1)での騎乗馬はおらず、ここで1番人気に推されていたことからも「何とかビッシュと共にオークスへ」という気持ちはあったと思いたいのだが……。フローラSのレースぶりから、その気持ちを感じることはできなかった。

 しかし、この横山典騎手。一部のファンからは「武豊騎手以上の天才」といわれている。

 先日3日の大阪杯(G2)では、これまで追い込み一辺倒だったアンビシャスを巧みに先行させ、絶妙なスローペースからの逃げ切りを図った武豊騎手のキタサンブラックを捉えた横山典騎手の騎乗は、まさに「典マジック」と称される”神騎乗”だった。

 今週末の天皇賞・春にしても、昨年は、それまで「苦手コース」として2年連続で大敗を繰り返していたゴールドシップを完璧にエスコートする見事な勝利。2004年のイングランディーレの逃げ切りなどは横山典騎手にしかできない”伝説の騎乗”として、今も競馬ファンの間で語られている。

1番人気ポツン惨敗「武豊騎手以上の天才」横山典弘騎手との「付き合い方」を制する者が競馬を制す!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!