NEW

「これで負けても仕方ない!?」 武豊騎手のGWは「驚愕」の過密スケジュール!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160125_takexs.jpg

 昔から日本を代表する騎手としてアメリカやフランスに長期滞在するなど、海外競馬に積極的な武豊騎手。それも、たいていは日本の競馬と並行して行っているのですから、本当にすごい方です。

 ただ、その「鉄人ぶり」がバラエティー番組などでも度々取り上げられている武豊騎手ですが、最近はそのスケジュールが特に”ヤヴァい”ことになっているみたいです。

 ネット上でも「タフ過ぎる」「さすが世界のユタカ」など称賛の声が上がる一方「身体、大丈夫かな」「もう歳なんだから」「これで騎手会長もやってるんだよね」と、あまりの”激務”を心配する声も……。

 確かに武豊騎手は、今年でデビュー30周年を迎える大ベテラン。にもかかわらず、今年も中央だけでなく、毎週のように地方競馬に参戦し、ドバイにも海外遠征。重賞2勝を含む28勝でリーディング8位と、バリバリのトップジョッキーです。

 それで年齢が47歳というから、もう驚愕の言葉もありません。普通の47歳っていうと、もうそろそろ会社のデスクでどっかり座ってるのが主な仕事だと思うんですが……。

「驚愕の47歳」武豊騎手のスケジュールがどれくらい”ヤヴァい”のか、ここ数日の予定をまとめてみました。まさかこんなに悲惨だなんて……もう、武豊騎手の馬券で負けても文句言えないかもしれません。

4月21日(木)
香港でクイーンエリザベス2世C(G1)に出走するヌーヴォレコルトの最終追い切り。オフィシャルサイトの日記を更新。熊本地震を受け「いまこそニッポンの力を見せなければ」

4月22日(金)
週末のレースのために日本へ帰国。京都競馬場内の調整ルームへ。

4月23日(土)
京都競馬場で朝10時30分発走の第2レースから、15時35分発走の第11レースまでの合計9鞍に騎乗。1勝2着3回。競馬開催終了後、明日のレースのために再び香港へ。

「これで負けても仕方ない!?」 武豊騎手のGWは「驚愕」の過密スケジュール!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!