NEW

競馬大吟醸 -天皇賞・春な人々- 「もう一人の『岡崎』に、すべてを託す」

【この記事のキーワード】

, ,

keibadaiginjou.jpg

「ダメだ……。全然、当たる気がしねえ」

 私がここのところ毎日のように寿司屋に通っているせいもあるが(女将さんがいなくて暇だから来いと誘われているのだ)、こんな梅ちゃんのため息交じりセリフを聞くのは、今週になって一体これで何度目だろうか。

 梅ちゃんにとって今年一番の絶頂期だった桜花賞大的中から一転、「大人数のキャバ嬢をひけらかしての花見」というロマン溢れる……。

 もとい、あまりにもくだらない”泡銭”の使い道に堪忍袋の緒が切れた女将さんは、今週になっても帰ってきていないようだが、さらに「競馬における最強の愛妻」ミルコ・デムーロまで騎乗停止で失ってしまった梅ちゃんの馬券は、まさに混迷を極めているようだ。

「俺はいつから、こんな弱気になってしまっていたんだ? ”アイツ”がいないと何も決めることさえできないってのか。『失って初めてその価値がわかる』ってのは、まさに言い得て妙だと今更ながらに痛感するぜ」

 仮に、この梅ちゃんのセリフの一部でも女将さんが聞いていれば、少しは帰ってくる気にもなったかもしれない。だが、これが女将さんではなくデムーロを”想って”の言葉だと知ってしまえば二度と帰ってこないだろう。

 そんな梅ちゃんをよそに、今週こそ娘に頼ったり、賭け馬を獲り合ったり、サインに耳を傾けたりせず、真面目に予想をしようと決めていた私も、今週は何度も新聞とにらめっこを繰り返しているが、勝負勘が鈍ったのか一向に本命を決められないでいる。

 それにしても、今年の天皇賞は良いメンバーが揃った。

 去年の有馬記念1、2着のゴールドアクターにサウンズオブアース。菊花賞馬のキタサンブラックにトーホウジャッカル。阪神大賞典を勝ったシュヴァルグランも強そうだし、去年の2、3着フェイムゲームとカレンミロティックも健在だ。

 他にもステイヤーズSのアルバートに、蛯名のタンタアレグリア。サトノノブレスやレーヴミストラル、トゥインクルにだって、ワンチャンスあるかもしれない。まさに、誰が勝ってもおかしくないレースである。

 しばらくない知恵を絞っていた私だったが、いよいよ予想することを諦めて匙を投げるようにスポーツ新聞を放り出した。すると最終面を飾っていたサーカーの記事に、たまたま目が留まったのだ。

 目に飛び込んできたのは、イングランドのサッカーチームで活躍する岡崎慎司の記事だった。

競馬大吟醸 -天皇賞・春な人々- 「もう一人の『岡崎』に、すべてを託す」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事