NEW

渾身の「ユタカマジック」炸裂でキタサンブラックが天皇賞制覇! 興奮冷めやらぬまま遠く香港でも「魔法」が巻き起こる!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日行われた天皇賞・春(G1)は、2番人気のキタサンブラックがスローペースで逃げを打ち、直線で13番人気のカレンミロティックに一度は差されるもゴール直前で再び差し返し、G1競走2勝目を達成した。

 距離適性への不安もあった同馬だが、エスコートした名手・武豊騎手が「これぞ真骨頂」と思わせる絶妙なスローペースでレースを支配。キタサンブラックの後で控えたカレンミロティックはその恩恵をしっかりを受けて2着と、池添騎手の勝負強さがここでも発揮された。中段でしっかり脚を溜めたシュヴァルグランが3着となっている。

 このレース、やはりキタサンブラックに騎乗した武豊騎手の「神騎乗」を褒め称える他ない。絶妙な折り合いでレースの主導権を握り、直線では一度はカレンミロティックに一端先頭をゆずるも、即差し返してギリギリの勝負を制した。最後の伸びはキタサンの力を如実に表しているが、それもまた「ユタカマジック」と表現したくなってしまう。さすがは「平成の盾男」だ。

 京都競馬場は今日、間違いなく「魔法」に包まれた。そして今日、遠く海外では別の「マジック」が巻き起ころうとしている。

 舞台は香港、チャンピオンズマイル(G1)。このレースには日本の、いやアジアのマイル王となったモーリスが参戦。昨年国内で安田記念とマイルチャンピオンSを制し、暮れの香港マイルで並み居る強豪を撃破した日本短距離界の帝王が始動する。

 今回、モーリスのパートナーを務めるのは、香港で「マジックマン」の異名を取る世界最高峰の騎手の1人、J.モレイラだ。

 シンガポール、香港でシーズン最多勝記録を達成し、昨年は日本のワールドオールスタージョッキーズでも優勝と、主にアジアで大暴れするブラジル人騎手の評価は上がるばかり。モーリスにとってこれほど心強い相棒はいないだろう。

 京都、そして香港と2つの地で「マジック」を見ることができるかもしれない。天皇賞・春の興奮冷めやらぬまま、チャンピオンズマイル(G1)が日本時間17:10発走予定となっている。

渾身の「ユタカマジック」炸裂でキタサンブラックが天皇賞制覇! 興奮冷めやらぬまま遠く香港でも「魔法」が巻き起こる!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事