NEW

【香港チャンピオンズマイル(G1)】モーリス完勝!圧倒的な強さを誇る世界的名馬は、今後どこへ向かうのか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
morisu.jpg
モーリス(競馬つらつらより)

 圧倒的な強さだった。やはり、モーリスはモーリスだった。

 5月1日に香港のシャティン競馬場で開催された第16回のチャンピオンズマイル(G1)。戦前から「ベストコンディションではない」といわれ、先週のクイーンエリザベス2世C(G1)の"日本馬全滅劇"もあり、一部では不安説も囁かれていた一戦だったが、そんなことは昨年の年度代表馬モーリスには、まったく関係なかったようだ。

 レースは昨年の香港マイルで6着だったビューティーフレームがハナを切る展開で、前走G2で2着だったリワーディングヒーローがそれに続く形。3番手に今年待望の初G1勝利を飾ったコンテントメント。6番ゲートから発進したモーリスは好位の4番手につけた。

 レースは、前半の3ハロンが約36秒というスローペース。隊列に大きな変化もないまま、各馬が3コーナーに差し掛かる。淡々と進むレースの中で、急激にペースが上がったのは4コーナーを回って最後の直線に入ったところだった。

 ここまで単騎の逃げに成功し、粘り込みを図るビューティーフレーム。そこに、直後につけていたコンテントメントが襲い掛かる。だが、そのすぐ後ろにいたモーリスが、他馬とはまったく違う手応えのまま、一気に先頭に躍り出た。

 ビューティーフレームを競り落としたコンテントメントも必死に食い下がるが、突き抜けたモーリスとの差は開くばかり。悠然と先頭を走るモーリスは、あっという間に他馬を置き去りにし、最後は鞍上のJ・モレイラ騎手が手綱を緩めてのゴールだった。

 好位4番手から直線早々に抜け出し、最後は流してのゴール。まさに他のライバルとは次元の違う走りを見せつけたモーリスの走りは、昨年からさらに一段成長したようにも見えた。

 完全アウェイとなる海外G1レースでありながら、まったく危なげない驚愕の走り。最も興奮していたのは「今まで私が乗った馬の中でも最高」と、その強さを肌で感じたモレイラ騎手だったのではないだろうか。派手なガッツポーズと共に喜びを露わにしていた。

 これでモーリスは海外G1の2連勝を含めた7連勝。今や、日本だけでなく世界が認めざるを得ない実力馬となった。

 果たしてこの世界的名マイラーは、これからどこへ向かうのか。順当に安田記念(G1)の連覇に挑むのか、それとも春のグランプリ宝塚記念(G1)で距離の限界に挑戦するのか。それとも、さらなる強敵を求めて世界のマイル路線を転戦するのか――。

 いずれにせよ、この破竹の快進撃がどこまでも続くことを祈りたい。すでに日本競馬の歴史的な名馬となったモーリスの進む道に、全世界が注目している。

【香港チャンピオンズマイル(G1)】モーリス完勝!圧倒的な強さを誇る世界的名馬は、今後どこへ向かうのかのページです。GJは、競馬、マイルモーリス香港の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!