NEW

【ケンタッキーダービー出走特別連載】その時、競馬は「古き良き時代」を取り戻した。夢を繋いだ日本ダービー馬「絆(キズナ)」の物語<2>

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kizuna1.jpg
キズナ(JBISサーチ公式サイトより)

2013年5月26日、第80回日本ダービー。日本競馬が"古き良き時代"を取り戻した日

【<1>はコチラ

「成績が悪い時も変わらず応援してくれた、前田(幸治)代表の悲願を叶えたい」と強い気持ちで挑んだ2013年5月26日、第80回日本ダービー。キズナと武豊は、前哨戦となった皐月賞を経由していないにもかかわらず1番人気で迎えた。

 2番人気が皐月賞を勝ったロゴタイプ。3番人気はキズナがラジオNIKKEI杯2歳Sで後塵を拝したエピファネイア。それに4番人気の未完の大器コディーノ。ここまでが5番人気以下の単勝を大きく引き離し、これらにキズナを加えた"4強"というのが大方の見方であった。

 レースはロゴタイプが先行し、エピファネイアとコディーノが中団。武とキズナはスタート直後から位置取りを下げ、後方から直線に懸ける競馬を試みた。

 最後の直線で各馬が横一線に広がる中、キズナは一度行き場を失いかけたが、武が上手く外へ出して進路を確保すると末脚が爆発。先行集団をゴボウ抜きし、最後は粘りこみを図るエピファネイアを捉えて優勝した。

「僕は帰ってきました!」

 全盛期を彷彿とさせる鮮やかな、そして美しい手綱さばきに東京競馬場が震えた。約14万人の万雷の拍手と"ユタカコール"に包まれて、王者・武豊はその相応しき舞台への凱旋を高らかに告げた。

 レース後の検量室前、最後にやってきたキズナと武を、その場にいた人々が大きな拍手で迎えた。ついに悲願を叶えてもらった前田は「ありがとう」と武と力強く握手を交わし、調教師の佐々木晶三は「この勝利を佐藤哲三騎手に伝えたい」と感無量。

 ファンが一体となって「ユタカコール」を合唱し、大勢のマスコミが武を取り囲みフラッシュを炊き続ける......武だけでなく、競馬そのものが"古き良き時代"を取り戻したと感じられる瞬間だった。

 武にとってキズナの父、ディープインパクト以来8年ぶり5度目の日本ダービー制覇。ちなみにディープインパクトとのダービー制覇の際に2着だったのが、佐々木が管理したインティライミと、その鞍上・佐藤だった。これもまた運命なのかもしれない。

 そして、キズナが日本ダービーを勝利したことで開けた夢があった。キズナの世界最高峰のフランス凱旋門賞(G1)への挑戦である。

 前田は「凱旋門賞ももちろん武騎手で」と宣言すれば、武も「ディープインパクトで負けて以来、ずっと『ディープの仔で』と思ってきた。キズナを世界一の馬にしたい」と力強く抱負を語った。

 日本の頂点に立ったチーム・キズナの夢が、今度は世界の頂点に向けて走り出した。

【ケンタッキーダービー出走特別連載】その時、競馬は「古き良き時代」を取り戻した。夢を繋いだ日本ダービー馬「絆(キズナ)」の物語<2>のページです。GJは、競馬、キズナダービー武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!