NEW

【ケンタッキーダービー出走特別連載】物語は続いていく。4人のホースマンの夢を繋いだ日本ダービー馬「絆(キズナ)」の物語<3>

【この記事のキーワード】,
kizuna1.jpgキズナ(JBISサーチ公式サイトより)

またも思い知らされる世界の壁。だが、前田幸治と武豊の飽くなき”夢”は終わらない

【<1>はコチラ、<2>はコチラ

 世界の強豪を抑えてのニエル賞の勝利は、キズナに対する欧州での評価を一気に上げることとなった。

 キズナに現地の馬房を貸したトニー・クラウト調教師も「凱旋門賞でも有力馬のベスト5には入る」と絶賛。斤量の関係上、3歳馬が圧倒的に有利な凱旋門賞の歴史もキズナの評価を後押しした。

 だが、快挙を成し遂げたチーム・キズナはまったく浮足立っていなかった。何故なら、続く本番の凱旋門賞には前田幸治や佐々木晶三、そして武豊といった日本のホースマンが幾度となく、その怪物じみた強さを思い知らされた馬がいるからだ。

 日本競馬が誇る第7代三冠馬”金色の暴君”オルフェーヴルである。

 皐月賞、日本ダービー、菊花賞のクラシック三冠だけでなく有馬記念、宝塚記念と数々のG1を勝利。そして何よりも昨年の凱旋門賞でクビ差の2着……世界の頂点へあと一歩に迫った歴史的名馬が「今回こそ」のリベンジに燃えていた。

 実際にキズナが3歳限定のニエル賞で海外初勝利の快挙を成し遂げた同日、オルフェーヴルはもう一つの前哨戦フォア賞(G2)を3馬身差で圧勝。凱旋門賞の本命候補に推されていた。

 そして迎えた10月6日。チーム・キズナにとって、いよいよ世界の最高峰への挑戦が始まった。

 凱旋門賞には、前哨戦でキズナに後塵を拝した英ダービー馬ルーラーオブザワールドやフリントシャー、さらには仏ダービー馬アンテロなど、世界のトップホースが集結。オルフェーヴルと並んで本命候補だったドイツの強豪ノヴェリストが直前で回避を決断したことで、人気はオルフェーヴルに集中した。

 オルフェーヴルもキズナの陣営も万全の仕上げに悔いはなかった。人事を尽くし、あとは結果がついてくることを信じて待つだけだった。主要な前哨戦2つを制していた日本では、数多くの競馬ファンが悲願達成を心待ちにしていた。

【ケンタッキーダービー出走特別連載】物語は続いていく。4人のホースマンの夢を繋いだ日本ダービー馬「絆(キズナ)」の物語<3>のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?