NEW

ジュエラー骨折でチャンスさらに増えるも……「超僅差負けループ」の中にある池添謙一騎手のNHKマイルCは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kamisama.jpg「AC photo」より

 8日に迫ったNHKマイルC(G1)。2歳女王メジャーエンブレムの参戦で例年以上の注目を集める3歳マイル王決定戦だが、このレースに一際強い思いを抱いているであろう一人の騎手に今回は注目したい。

 新潟2歳S(G1)を驚異的な末脚で圧勝し、いまだその能力が未知数な上位人気の一角、ロードクエスト。そのロードクエストに跨るのが池添謙一騎手である。

 池添騎手といえば、あの3冠馬オルフェーヴルの主戦として活躍したことで知名度が高い。昨年もショウナンパンドラでジャパンカップを制するなど、その勝負強さは特筆ものである。

 今年もすでにG1競走で2度2着に入る活躍。桜花賞では2番人気のシンハライトで、先週の天皇賞・春では13番人気のカレンミロティックでG1制覇”寸前”となっているように、その存在感を十二分に見せつけている。

 桜花賞はハナ差2cm、天皇賞ではハナ差4cm……そう、池添騎手は今年のG1競走で2度「勝ちに等しい敗北」を喫しているのである。

 桜花賞では、勝利したジュエラーのM.デムーロ騎手が大喜びする中、悔しさから健闘を称えあうことができなかった。天皇賞終了後のジョッキーイベントでは「あの人なんぼ勝つねん!」と、キタサンブラックに騎乗した武豊騎手へ冗談めかしで苦言を呈したなんて話も。どちらも完璧な騎乗をしただけに、本人としても忸怩たる思いがあることがうかがえる。

 NHKマイルCで騎乗するロードクエストは、現状後方一気の末脚にかけるタイプの馬。かつてデュランダルで追い込み勝利を何度となく経験している池添騎手得意の「一発勝負の強さ」が出る可能性も十分にある。

 しかし、「2度あることは3度ある」という言葉がある通り、今回も「僅差の2着」になってしまうのではないかという声は多い。実際、今回のレースでもメジャーエンブレム筆頭にイモータルやダンツプリウスなど、いまだ底の見えない強豪が集っているのが現状だ。騎手ではないが、2000年にテイエムオペラオーとメイショウドトウが常に「1,2着(テイエムが常に1着)」となるなど、こういう状況が不思議と続くのも競馬なのだ。

 桜花賞で敗れたジュエラーが骨折し、オークスでも池添騎手には大きなチャンスという状況。混迷を極める春G1で、池添騎手は涙するのか、歓喜の「やりすぎガッツポーズ」を見ることができるのか。果たして。

ジュエラー骨折でチャンスさらに増えるも……「超僅差負けループ」の中にある池添謙一騎手のNHKマイルCは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!