NEW

完敗、しかし希望は一層大きなものに。ケンタッキーダービーで見せ場作ったラニと、陣営が見据える「次」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
rani.jpgラニ(JBISサーチ公式サイトより)

 日本時間の8日朝、アメリカ競馬最大の注目を集めるケンタッキーダービー(G1)が開催された。結果は無敗でこのレースに参戦したナイキストが好位からの抜け出しで完勝。8戦8勝のパーフェクトレコードで栄誉を手にする結果に終わった。

 日本から21年ぶりに参戦したラニ(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)は、スタートで出遅れて後方からのレース運び。3コーナーから外を回って進出し、直線手前で他馬に振られ大外から追い上げる展開となり、結果的に20頭立て9着に終わった。

 もちろん、勝ち馬からは相当な差をつけられた部分もあり、鞍上の武豊騎手の「完全にスピード負け」というコメントの通り、アメリカのダート競馬のペースの速さについていけなかったという点も否定できない。それでも、後方から末脚を繰り出し出走した地元馬たち11頭に先着した事実は大きいといえる。

 ネット上でも「一桁着順、頑張った」「最下位でも不思議じゃなかっただけに頑張ったよ」「あの脚見てアメリカの馬場も問題ないとわかった」と非常に好意的なコメントが目立った。ダートの本場であるアメリカの3歳頂上決戦に出走したこと自体に価値があり、その上で見せ場を作ったラニに称賛の声は多い。

 さらに、ファンの間ではすでに「次」への期待の声が聞こえている。「ベルモントなら」「距離が長くなれば」と。

 ラニを管理する松永幹夫調教師は、ラニの今後についてアメリカ3冠の最終戦である「ベルモントS」(6月11日、ベルモントパーク、ダート2400m)への挑戦をすでに明言している。ケンタッキーダービーよりも距離が400m長くゆったりとレースも運べ、出走頭数も少なくなりがちなレースだけに、今回よりもラニに「向いている」レースであることは間違いないだろう。

 完敗は完敗。しかし希望は消えるどころかさらに大きなものとなっている。ラニと陣営の挑戦に今後も注目である。

完敗、しかし希望は一層大きなものに。ケンタッキーダービーで見せ場作ったラニと、陣営が見据える「次」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!