NEW

「週刊Gallop」が「丸ごと一冊 藤田菜七子」発売にファンドン引き! 「制服」「水着」の憶測まで噴出

【この記事のキーワード】, ,
fujitananako0402.jpg「トーニャハーディングさん」より

 JRA女性騎手・藤田菜七子を特集した「丸ごと一冊 藤田菜七子」 (週刊Gallop臨時増刊)が、5月16日に発売される68ページのオールカラー、特典としてワイドポスターもついてくるとか。

「まるごと一冊」ということで、久々の女性騎手である藤田をとことん掘り下げる内容というのはわかるのだが、一冊埋まるほどのネタがあるのかと疑問を持ってしまうのも事実だ。デビューしたばかりということを考えれば、競馬以外の私生活ネタなども相当量なくてはいけないに違いない。

 それ以上に、まだデビューしたばかりの新人騎手をここまで持ち上げる風潮に疑問を呈する声は多い。「くだらない企画」「100鞍も乗ってないのに一冊出すとか」「売れないだろさすがに」など、藤田騎手の現状と扱いのギャップに辟易している様子。

 さらに、この企画を出した「週刊Gallop」の発行元であるフジサンケイグループに対しても非難の声は多い。「これだからフジサンケイは嫌い」「よく無意味にアイドルを表紙にするけど、今回はさらに論外」「悪ノリが過ぎる」と極めて不評である。

 中には「制服とか水着とかあるんじゃないだろうな」「彼女に罪はない。サンケイの暴挙が心配」との声もあり、騎手である彼女が余計な仕事をさせられないか危惧するコメントもあるほどだ。以前藤田騎手が表紙を飾った「週刊Gallop」が非常に売れたという話もあるため、企画側の気持ちも分からないではない。

 AKBグループなどを猛プッシュするフジサンケイ。藤田騎手すら同じ扱いにはしてほしくないものだ。中には「これまでの取材の寄せ集め」という予測もあり、もしそうなら藤田騎手に余計な負担はかからないかもしれないが……。

「週刊Gallop」が「丸ごと一冊 藤田菜七子」発売にファンドン引き! 「制服」「水着」の憶測まで噴出のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話