NEW

オルフェ、ゴルシを輩出した『黄金配合』は偶然の産物だったのか?現3歳「ニックス軍団」の惨状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kettou.jpg「AC photo」より

 かつてはG1を3勝したドリームジャーニーに、史上7頭目の牡馬三冠馬オルフェーヴル、そしてトドメの現代版・葦毛の怪物ゴールドシップと、競馬ファンからは”チート”ともてはやされた「黄金配合」という言葉。

 ところがこの「ステイゴールド×メジロマックーン」というこの配合理論は、昨年末にゴールドシップが引退してからというもの、パッタリと聞かなくなってしまった。

 数年前まで、常に競馬の中心にいたはずの黄金配合は、一体どこへ行ってしまったのだろうか。

 オルフェーヴルが三冠を達成したのが、今から5年前の2011年のこと。この年には同世代のフェイトフルウォーも京成杯(G3)やセントライト記念(G2)を勝つなど、多くの生産者からすれば「メジロマックーンの肌馬にはステイゴールドを」という”勝利の方程式”がすっかり定着したはずだ。

 従って、翌年の2012年の春には”2匹目、3匹目のドジョウ”狙った「黄金配合」が行われ、その仔らが産まれたのが翌々年の2013年……。

 そう、順調にいけば「史上最強」と誉高い3歳世代として「今年のクラシック」を戦っていなければならない2013年世代ということである。

 しかし、冒頭でも触れた通り、昨年末にゴールドシップが引退してから競馬の中心となるG1や重賞レースで「黄金配合」をまったく目にしていない。まもなく世代の頂点を決めるオークスや日本ダービーに差し掛かろうとしているこの時期に、大いなる期待を込めて生産された2013年産まれの「黄金配合」の産駒たちは、一体どうなっているのだろうか。

 実は、今年の3歳馬でJRAの厩舎に入厩した「黄金配合」の産駒は10頭も存在している。

 一見少ないと思うかもしれないが、種牡馬としてまったく成功できなかったメジロマックーンの肌馬の数が限られていることを考慮すると、相当な偏り……少なくとも「黄金配合」という考え方がなければ、まずあり得ない傾向といえる。

 しかし、この10頭がほぼ”壊滅状態”にあり「一体、黄金配合とは何だったのか」という声まで聞こえてきそうな悲惨な状況なのは、あまり知られていない。

オルフェ、ゴルシを輩出した『黄金配合』は偶然の産物だったのか?現3歳「ニックス軍団」の惨状のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!