NEW

変えるのか、貫くのか!? 武豊騎手、ヴィクトリアマイル出走のスマートレイアー「脚質」選択に大きな注目集まる

【この記事のキーワード】, ,
160125_takexs.jpg

 今週末に開かれるヴィクトリアマイル(G1)。その中でも人気の一角を占めると予想されるのが、6歳のスマートレイアーだ。

 今年初戦となった東京新聞杯(G3)で、これまでの直線一気のイメージを覆す「逃げ」を披露。昨年6月以来の勝ち星をつかむと、続く阪神牝馬S(G2)でも逃げを打ち、ミッキークイーンやストレイトガールなど強豪を振り切って連勝。2016年の同馬は、その印象を180度変えて輝きを放っている。

 東京新聞杯は吉田隼人、阪神牝馬SはM.デムーロとそれぞれ異なる騎手がパートナーを務めたが、大舞台でその手綱を取るのは武豊騎手。同馬はこれまで20戦消化しているが、そのうちデビューから12戦をともにしているまさに「主戦」といえる存在だ。

 最近の武騎手といえば、1日の天皇賞・春をキタサンブラックで勝利、5日のかしわ記念でも他の強豪を向こうに回してコパノリッキーを勝利に導くなど好調をキープ。レースぶりもキタサンブラックが「逃げ」、コパノリッキーが「2番手」と、前目でレースを進め、勝利をモノにしている。

 体内時計の正確さや勢い、これまでのコンビ回数からいって、武騎手騎乗というのはスマートレイアーにとって大きなプラス……のはずなのだが、ファンからはどうにも悩ましい声が聞こえてくる。

 武騎手はこれまで、同馬に中段、もしくは後方からのレースを主にさせてきた。もちろんそれで重賞を勝ったこともあるし、秋華賞(G1)で2着に導いたこともあり、その方法が間違っているとはいえない。しかし、スマートレイアーが初の重賞2連勝を決めたのが「逃げ」のレースであることもまた、紛れもない事実である。

 さらに、過去2回のヴィクトリアマイルでは9番手、18番手でレースを進め、見せ場なく敗れたという現実がある。この流れから鑑みるに、今回の同レース、スマートレイアーは「前に行くべき」という声も多いが……。

 ネット上では、武騎手が今の”流れ”に乗るのかが注目が集まっている。同馬にとって最高のレース運びを差し脚と考えていただろう武騎手が、その考えを変えるのか否か……。「逃げてほしい」「先行するだろここは」「ここであえて後方からのレースで差しきってほしい」など、ファンの意見も様々だ。武騎手としても、枠順などを考慮して決定するのかもしれない。

 未だ現役トップクラスの実力を見せつける武騎手。好調なだけに、その手綱さばきにますます注目である。

変えるのか、貫くのか!? 武豊騎手、ヴィクトリアマイル出走のスマートレイアー「脚質」選択に大きな注目集まるのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか