NEW

昨年、驚愕の『2000万』馬券!ヴィクトリアマイル(G1)は今年も大荒れか!?その「見極め方」と「狙い馬」マニュアル


 時計的には「滅茶苦茶なハイペース」なのに、結果は「典型的な前残り」。この競馬のセオリーを無視した矛盾が生まれる馬場状態こそ、俗に言われている東京の『超高速馬場化』という現象である。

 そして、ヴィクトリアマイルはこの超高速馬場化が比較的起きやすいレースなのだ。

 東京で超高速馬場化が起きやすい条件はいくつかあるが、主な理由は下記の4つだ。
1、G1などハイレベルなレースが同一開催で連続して行われる。
2、当日も含め、天候が安定した日が続く。
3、馬場の痛みを分散させるために、内柵を動かした直後。
4、馬場の痛みを防ぐために、芝を刈り込んだり、ローラーを掛けたりした直後。

 ヴィクトリアマイルは東京G1・5連戦の第2戦目として「1」を満たし、今年も昨年同様レース前日の14日(土)からBコースが使用されるため「3」も満たしている。そこに天候やJRAの馬場造園課の判断によって「2」「4」といった要素が加わった時、東京は『超高速馬場化』する。今のところ、東京の週末は晴れ予想なので少なくとも「2」は該当しそうだ。

 その上で、肝心の今年のヴィクトリアマイルが、昨年と同様に超高速馬場化しているかを見極めるポイントとして「打ってつけの存在」がいる。前日のメインレース・京王杯スプリングC(G2)に出走を予定しているサクラゴスペルだ。

 実は東京が超高速馬場化した際の1400mや1600m戦の特徴として「スプリント実績を持つ馬が有利」という傾向がある。

 例えば、昨年のヴィクトリアマイルを勝ったストレイトガールは、後にスプリンターズS(G1)を勝つほどのトップスプリンター。昨年の京王杯スプリングC(G2)を勝ったサクラゴスペルも1200mのオーシャンSを2勝するなど、1400mよりも1200mの方が適性の高い馬だった。

 従って、前日の京王杯スプリングC(G2)でサクラゴスペルが激走したり、他に1200m実績を持った馬が好走したり、タイムが早いのに極端な前残りとなった場合などは、東京が超高速馬場化した兆候「サイン」と見て良いということだ。

 しかし、仮に東京が昨年のような超高速馬場化したとわかっても、ヴィクトリアマイルで馬券を当てなければ意味がない。第一、超高速馬場化したから荒れるとは限らないではないか。

 その点で、昨年の1、2番人気ヌーヴォレコルトとディアデラマドレに共通することは「マイルよりも、むしろ中距離での実績があった」「逃げ馬ではなく、マイルで先行できるほどのスピードがない」ということだ。その上で、これは今年の1、2番人気が予想されるミッキークイーン、ショウナンパンドラ、さらにはルージュバックにも共通している特徴である。

 さあ、上位人気馬に”ケチ”がついたところで、東京が昨年のような超高速馬場化した場合の「狙い馬」に話題を移そう。

昨年、驚愕の『2000万』馬券!ヴィクトリアマイル(G1)は今年も大荒れか!?その「見極め方」と「狙い馬」マニュアルのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール