NEW

「本当に、もう終わってしまったのか」ヴィクトリアマイル(G1)に出走するストレイトガール、レッツゴードンキ、メイショウマンボの「現状」と復活への「期待度」(1)

sutoreito.jpgストレイトガール(競馬つらつらより

『春のG1連戦スペシャル企画』の第三弾は、今週末に迫ったヴィクトリアマイル(G1)を考察するにあたって、復活が期待される「G1馬3頭」を特集。

 昨年の覇者ストレイトガール、桜花賞馬レッツゴードンキ、往年の女王メイショウマンボの「現状」、そして復活への「期待度」を【徹底考察】の関西版でお馴染みの御意見番・下田照雄氏に一頭ずつ伺ってみました。

ストレイトガール編

 まずは、連覇を狙うストレイトガール。昨年はヴィクトリアマイルの他にスプリンターズS(G1)も勝った。しかし、年末の香港で9着大敗。年明けには引退表明を撤回。さらには前走の阪神牝馬S(G2)も、まったく見せ場のないままの9着だった。

 気になるのは阪神牝馬Sでハナを切ったスマートレイアーがそのまま逃げ切り、好位にいたウインプリメーラが3着したにもかかわらず、同じく好位から競馬した本馬がまったく伸びなかったことだ。

 騎乗した戸崎圭太騎手は「リズム良く運べましたが、久々の分でしょう」と話し、藤原英昭調教師からは「もう少し走れるはずの馬なのですが……。休み明けでしたからね」と敗因は休み明けの「体調面」であったことを強調している。

 その後の状態だが、まずは1週前追い切りが栗東CWコースで「6F81.0-65.7-51.5-38.0-11.7秒」。

 田代調教助手は「前走後は反動ない。反応が良かった。上積みも見込んでいい。馬体、調教の動きを見る限りは年齢というのも感じさせない」と追い切りの動きを評価。特にラスト1ハロンの11.7秒は上々のキレ味で、前走からの上積みを感じさせるものだった。

 そして今週も栗東CWコースで追い切られ「6F64.8-49.9-36.9-12.1秒」をマーク。馬なりのまま素軽い動きを見せていた。

 藤原英調教師は「予定通りに来ている。走りそうなイメージはある。ただ、(相手が)昨年よりもレベルは上。年を重ねてどうパフォーマンスを維持できるか」と慎重な姿勢を見せている。

 ただ、藤原英調教師はもともと慎重な発言をする方なので、もしかしたら本当に良くなってきたからこそ慎重になっている可能性もある。直前には「体調自体はいい。今回の条件自体は合っている」と静かに闘志を燃やしていた。

「本当に、もう終わってしまったのか」ヴィクトリアマイル(G1)に出走するストレイトガール、レッツゴードンキ、メイショウマンボの「現状」と復活への「期待度」(1)のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか