NEW

「本当に、もう終わってしまったのか」ヴィクトリアマイル(G1)に出走するストレイトガール、レッツゴードンキ、メイショウマンボの「現状」と復活への「期待度」(3)

meishoumanbo.jpgメイショウマンボ(競馬つらつらより)

『春のG1連戦スペシャル企画』の第三弾は、今週末に迫ったヴィクトリアマイル(G1)を考察するにあたって、復活が期待される「G1馬3頭」を特集。

 昨年の覇者ストレイトガール、桜花賞馬レッツゴードンキ、往年の女王メイショウマンボの「現状」、そして復活への「期待度」を【徹底考察】の関西版でお馴染みの御意見番・下田照雄氏に一頭ずつ伺ってみました。

メイショウマンボ編

 2013年にはクラシック二冠、古馬とのエリザベス女王杯(G1)も制して女王の座に君臨したメイショウマンボ。しかし、その後は鳴かず飛ばずで、ここ最近は掲示板どころか二ケタ着順を繰り返している。前走の阪神牝馬Sも、中団やや後ろから何もできず13着大敗。すでにファンからは「引退してほしい」との声も聞かれるが果たして。

 1週前追い切りは栗東のCWコースで「6ハロン77.7秒」。相変わらず調教の動きから衰えは感じられず、それが未だ現役を続けている一因になっていることは確かだろう。

 飯田明弘調教師も「前走後も疲れはなかったし、動きは良かった。順調にきている」と納得表情。だが、この追い切りの動きがレースに繋がってこないのが、この馬の現状の最大の課題であることは言うまでもない。

 最終追い切りはCWの馬場が雨で悪くなっていたので芝コースで単走。馬なりで「5ハロン63.8-11.9秒」をマークした。

 見守った飯田調教師は「馬場が悪いので、クッションの良い芝で。やれば時計は出るけど、気になるのは競馬場に行ってから発汗が多いこと。何とか力を出してほしいんですが…」と愛馬の課題克服と復活を天に祈っていた。

 また、芝コースで追い切ったことは特別なマイナスにはならない。ヴィクトリアマイル出走組では、他にもウリウリが芝で最終追い切りを行っていた。

「本当に、もう終わってしまったのか」ヴィクトリアマイル(G1)に出走するストレイトガール、レッツゴードンキ、メイショウマンボの「現状」と復活への「期待度」(3)のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声