NEW

「本当に、もう終わってしまったのか」ヴィクトリアマイル(G1)に出走するストレイトガール、レッツゴードンキ、メイショウマンボの「現状」と復活への「期待度」(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
meishoumanbo.jpgメイショウマンボ(競馬つらつらより)

『春のG1連戦スペシャル企画』の第三弾は、今週末に迫ったヴィクトリアマイル(G1)を考察するにあたって、復活が期待される「G1馬3頭」を特集。

 昨年の覇者ストレイトガール、桜花賞馬レッツゴードンキ、往年の女王メイショウマンボの「現状」、そして復活への「期待度」を【徹底考察】の関西版でお馴染みの御意見番・下田照雄氏に一頭ずつ伺ってみました。

メイショウマンボ編

 2013年にはクラシック二冠、古馬とのエリザベス女王杯(G1)も制して女王の座に君臨したメイショウマンボ。しかし、その後は鳴かず飛ばずで、ここ最近は掲示板どころか二ケタ着順を繰り返している。前走の阪神牝馬Sも、中団やや後ろから何もできず13着大敗。すでにファンからは「引退してほしい」との声も聞かれるが果たして。

 1週前追い切りは栗東のCWコースで「6ハロン77.7秒」。相変わらず調教の動きから衰えは感じられず、それが未だ現役を続けている一因になっていることは確かだろう。

 飯田明弘調教師も「前走後も疲れはなかったし、動きは良かった。順調にきている」と納得表情。だが、この追い切りの動きがレースに繋がってこないのが、この馬の現状の最大の課題であることは言うまでもない。

 最終追い切りはCWの馬場が雨で悪くなっていたので芝コースで単走。馬なりで「5ハロン63.8-11.9秒」をマークした。

 見守った飯田調教師は「馬場が悪いので、クッションの良い芝で。やれば時計は出るけど、気になるのは競馬場に行ってから発汗が多いこと。何とか力を出してほしいんですが…」と愛馬の課題克服と復活を天に祈っていた。

 また、芝コースで追い切ったことは特別なマイナスにはならない。ヴィクトリアマイル出走組では、他にもウリウリが芝で最終追い切りを行っていた。

「本当に、もう終わってしまったのか」ヴィクトリアマイル(G1)に出走するストレイトガール、レッツゴードンキ、メイショウマンボの「現状」と復活への「期待度」(3)のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!