NEW

マイル王・モーリスが世界ランク3位タイに! 「アジアで走るレースなし」の声も、「世界最強」の称号を得る最大の壁が?

morisu.jpgモーリス(JBISサーチ公式サイトより)

 世界の競走馬の”格付け”であるロンジンワールドベストレースホースランキング(2016年1月1日~5月8日)で、日本の最強マイラー・モーリスが124というレーティングを獲得し、世界3位タイとした。1日に行われた香港チャンピオンズマイルを圧勝したことで一気に評価を上げた。1位はドバイワールドカップを完勝したカリフォルニアクロームの126。日本馬の2番手は、ドゥラメンテの121である。

 国内最強マイラーが、ついに世界的に高い評価を受けた。目下7連勝中でG1競走も4連勝。国内のみならず香港のマイルG1も総ナメにし、もはやアジアで走るレースはないという状況である。

 もちろん数字ですべてを図れるわけではなく「こんなの数字遊び」という声もある。しかし、日本のマイラーがこれだけの評価をされたのは異例であり、それだけモーリスの底知れぬ力に世界が注目しているということだろう。

 7連勝という戦績もさることながら、その内容も秀逸。チャンピオンズマイルでは道中4番手から直線あっさりと抜け出しての勝利。海外遠征でのアウェー感をまったく感じさせず、能力の違いを完全に見せつけていた。

 モーリスは次走に安田記念を予定しているが、今回の評価に「もう国内で走る意味はない」という声も多い。特に欧州マイル戦線での活躍を期待するコメントが多いのも実情だ。

 さらに、モーリスが真の「世界最強」かはまだわからないという声も。昨年ドバイターフ、イスパーン賞、クイーンアンS、、サセックスS、クイーンエリザベス2世Sなど欧州のG1をマイル中心に5連勝したフランスのソロウもまた「世界最強マイラー」の称号を得ている。この2頭、今年のドバイターフで戦う可能性があったが、どちらも回避してしまった。

 秋、モーリスはクイーンエリザベス2世Sなど欧州マイルG1に参戦するのか否か。身勝手なファンの意見とすれば、是非とも文字通りの「ビッグマッチ」が見てみたいところだが……。
(文=利坊)

マイル王・モーリスが世界ランク3位タイに! 「アジアで走るレースなし」の声も、「世界最強」の称号を得る最大の壁が?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  6. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  10. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ