NEW

馬術界の「レジェンド」法華津寛選手(75)がリオ五輪断念……馬との関係性と、ネットであふれる「期待」

【この記事のキーワード】, ,
jouba.jpg

 世界最高齢、75歳でリオデジャネイロ五輪出場目指していた馬術の法華津(ほけつ)寛選手が、五輪挑戦を断念することが17日、明らかになった。理由は騎乗馬が体調を崩したためだという。

 法華津選手は1964年の東京五輪で初出場、ロサンゼルス五輪では補欠での出場、北京五輪にウィスパー号とペアを組み再び出場し、史上最高齢での五輪出場を達成。さらに4年後のロンドン五輪にも71歳ながら出場し、記録を更新した。70代での五輪出場という驚きは大きく、世間でも大きくクローズアップされた”レジェンド”である。

 日本馬術連盟は今後日本代表人馬4組を選ぶ選考会を行うが、23日までに一定の参加資格を求めており、法華津は競技会に出場できないため、参加基準を満たせなくなってしまった。

 残念ながら今年のリオ五輪を目指すことはなくなってしまったが、長い時間をかけて関係を築いた愛馬の出場が難しい状況を考えれば致し方ない。馬と人の関係や「阿吽の呼吸」は簡単に構築されるわけではないといういい例だろう。

 現状、法華津選手は「今後については、まだ何も決まっていない」とコメントしているそう。4年後の東京五輪では80歳近くになっているわけだが、ネット上では「4年後もがんばってほしい」「どうしても期待しています」「2度目の東京五輪で」というエールであふれている。筆者としても、もう一度その勇姿を見てみたいものだが……。
(文=ねある子)

馬術界の「レジェンド」法華津寛選手(75)がリオ五輪断念……馬との関係性と、ネットであふれる「期待」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  5. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  8. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?