NEW

馬術界の「レジェンド」法華津寛選手(75)がリオ五輪断念……馬との関係性と、ネットであふれる「期待」

【この記事のキーワード】

, ,

jouba.jpg

 世界最高齢、75歳でリオデジャネイロ五輪出場目指していた馬術の法華津(ほけつ)寛選手が、五輪挑戦を断念することが17日、明らかになった。理由は騎乗馬が体調を崩したためだという。

 法華津選手は1964年の東京五輪で初出場、ロサンゼルス五輪では補欠での出場、北京五輪にウィスパー号とペアを組み再び出場し、史上最高齢での五輪出場を達成。さらに4年後のロンドン五輪にも71歳ながら出場し、記録を更新した。70代での五輪出場という驚きは大きく、世間でも大きくクローズアップされた”レジェンド”である。

 日本馬術連盟は今後日本代表人馬4組を選ぶ選考会を行うが、23日までに一定の参加資格を求めており、法華津は競技会に出場できないため、参加基準を満たせなくなってしまった。

 残念ながら今年のリオ五輪を目指すことはなくなってしまったが、長い時間をかけて関係を築いた愛馬の出場が難しい状況を考えれば致し方ない。馬と人の関係や「阿吽の呼吸」は簡単に構築されるわけではないといういい例だろう。

 現状、法華津選手は「今後については、まだ何も決まっていない」とコメントしているそう。4年後の東京五輪では80歳近くになっているわけだが、ネット上では「4年後もがんばってほしい」「どうしても期待しています」「2度目の東京五輪で」というエールであふれている。筆者としても、もう一度その勇姿を見てみたいものだが……。
(文=ねある子)

馬術界の「レジェンド」法華津寛選手(75)がリオ五輪断念……馬との関係性と、ネットであふれる「期待」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!