NEW

武豊が米クラシック第2戦となるプリークネスS(G1)に挑戦!ケンタッキーダービーから大きな前進が見込める「3つ」の理由

【この記事のキーワード】, ,
takeyutaka0222.jpg

 日本競馬を代表する名手・武豊とラニ(牡3歳、栗東・松永幹夫厩舎)の米クラシック挑戦・第二幕となるプリークネスS(G1)が、今週末の21日(日本時間22日早朝)に迫っている。

 日本馬にとって1995年のスキーキャプテンから、21年ぶりの挑戦となった前走のケンタッキーダービー(G1)。3月のUAEダービー(G2)を日本馬として史上初めて優勝し、堂々とケンタッキーダービーの出走権を掴んでの挑戦だったが、結果は20頭立ての9着。

 スタートで出遅れて後方からのレース運びとなり、3コーナーから外を回って進出したものの、勝ったナイキストからは10馬身つき離されてのゴールだった。

 最大の敗因は、アメリカのダート競馬のペースの速さについていけなかったことであり、鞍上の武豊騎手も「完全にスピード負け」とコメントを残している。ただ、最後の直線で見せた末脚は目を見張るものだっただけに、”次”に希望が膨らむ内容だった。

 そして迎える米クラシック第二弾となるプリークネスSだが、距離こそ2000mのケンタッキーダービーから100m短縮された1900mとほぼ変わらない。だが、チャーチルダウンズ競馬場よりも直線の短いピムリコ競馬場で、前走のような追い込みでは前には到底届かないだろう。

 メンバーもケンタッキーダービーから1着のナイキストと、2着のエグザジャレイターが出走を表明しており、常識的に考えて逆転は困難を極めると述べざるを得ない。

 ただ、武豊とラニにとってプラスになる面もある。

 1つ目は、単純にアメリカのダート競馬のペースの速さを経験できたということ。無論、経験できたからといって、スタートに不安があり、ダッシュも速くないラニがいきなりプリークネスSで好位に取り付くのは現実的ではないかもしれない。

武豊が米クラシック第2戦となるプリークネスS(G1)に挑戦!ケンタッキーダービーから大きな前進が見込める「3つ」の理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?