NEW

米・プリークネスSでラニが大健闘の5着! 「最大目標」ベルモントSを見据える武豊騎手と陣営、そして課題はやはり……

【この記事のキーワード】, ,

 米クラシック3冠の第2戦・プリークネスS(G1)に、武豊騎乗でラニが出走。前走ケンタッキーダービー(9着)に続いて2度目のアメリカ競馬参戦。道中最後方でレースを進めた同馬は、4角手前から徐々に進出を開始。最後の直線で脚を伸ばし、11頭立ての5着となった。勝ったのは米国のエグザジャレイター。

 3月のドバイ遠征、前走のケンタッキーダービーもそうだったがやはりラニはスタートで出足がつかず、道中もほぼ「置いてけぼり」状態。しかし、最後の直線では一気の末脚を披露して5頭を抜き去った。アメリカ競馬で十分に勝負できることを再度示せた反面、やはりスタートで一気に上位陣と差を広げられてしまう課題も浮き彫りになったといえる。

 とはいえ、今回の5着は日本でいえば「掲示板確保」。アメリカ競馬最高峰の舞台で2戦を経験し、堂々たるレースを披露しているラニ。武豊騎手を始め、陣営は早くから「最もチャンスが大きいのは、ベルモントS」とコメントしているだけに、本当の舞台は”次”である。

 ファンの間でも「これだけ走れるとは」「ベルモントSは3着以内も」「ワンチャンスあるぞ」という声が多い。ベルモントSはベルモントパーク競馬場の2414mで開催され、今回のプリークネスSより500m距離が延長される。距離延長によってスタートでの出遅れの不利も軽いものなるだろうし、その上でプリークネスSで見せた末脚を発揮できれば、今回以上の結果を残すことも決して不可能ではないだろう。

 1戦1戦確実に前進しているラニの競走内容。同馬のレースぶりがそのまま日本競馬の進化を示してくれているようで、大きな期待をしてしまう。武騎手や陣営が狙う「最大目標」6月11日のベルモントSでの激走に期待だ。

米・プリークネスSでラニが大健闘の5着! 「最大目標」ベルモントSを見据える武豊騎手と陣営、そして課題はやはり……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?