NEW

【徹底考察】日本ダービー(G1) ヴァンキッシュラン「歴代2位の好タイムだった青葉賞馬は『ジンクス』を打ち破れるか」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
vankisshu.jpgヴァンキッシュラン(競馬つらつらより)

『考察』

 日本ダービー(G1)への優先出走権が懸かった青葉賞(G2)を「2:24.2」という歴代2位の優秀な時計で完勝したヴァンキッシュラン。今年こそは「青葉賞馬はダービーを勝てない」というジンクスを打破できるか注目だ。

 過去に青葉賞から日本ダービーに出走して、惜しくも「2着」に敗れた馬は下記6頭。いずれも青葉賞を勝って本番に挑んだ層々たるメンバーだが、世代の頂点にはあと一歩届いていない。

2012年 2:25.7 フェノーメノ    上がり3ハロン34.1秒 「1位」
2011年 2:28.8 ウインバリアシオン 上がり3ハロン33.6秒 「1位」
2006年 2:25.3 アドマイヤメイン  上がり3ハロン35.3秒 「2位」
2003年 2:26.3 ゼンノロブロイ   上がり3ハロン34.1秒 「2位」
2002年 2:26.4 シンボリクリスエス 上がり3ハロン34.1秒 「1位」
1994年 2:28.8 エアダブリン    上がり3ハロン35.4秒 「3位」
参考
2016年 2:24.2 ヴァンキッシュラン 上がり3ハロン34.5秒 「2位」

 ただし、上記の6頭に「この条件を満たせば本番でも通用する」といった共通項はない。タイム、脚質、枠順、展開、馬場、戦績などすべてバラバラであり、強いて共通項を挙げれば、上記に示したように上がり3ハロンのタイムがメンバー3位以内ということになる。

 これは逃げたアドマイヤメインでさえ記録していることであり、一つの目安にはなるかもしれない。ただ、具体的な条件とはとても呼べないものだ。

 また、これまで青葉賞を2分24秒台で制した馬は今年のヴァンキッシュランを除けば、ペルーサとハイアーゲームの2頭が該当するが、こちらはダービーでの明暗が分かれている。

2010年 2:24.3      ペルーサ    日本ダービー結果 2番人気「6着」
2004年 2:24.1(レコード)ハイアーゲーム 日本ダービー結果 3番人気「3着」

 ダービーとまったく同じ舞台でこれだけのパフォーマンスを出している以上、ペルーサもハイアーゲームも同世代では上位の存在であり、特に青葉賞のようなレコードが出るほどの速く厳しい展開になってこそ、より持ち味が活きた馬と言えるのかもしれない。

 その上で、下記が2頭の日本ダービーの内容だ。

2010年 2:26.9       1000m通過「61.6秒」勝ち馬エイシンフラッシュ
2004年 2:23.3(レコード) 1000m通過「57.6秒」勝ち馬キングカメハメハ

 ペルーサとハイアーゲームは共に、青葉賞を速く厳しい展開で勝ち切った馬。

 だが、続く日本ダービーで、ペルーサは「青葉賞よりも数段遅い時計」で瞬発力勝負を強いられて6着に沈み、逆にハイアーゲームは「青葉賞よりも数段速い時計」で持続力勝負を挑んで3着に健闘している。

 これは同じく青葉賞を2分24秒台という厳しい流れで勝ち切ったヴァンキッシュランにとっても重要な要素であり、やはり浮沈のカギを握っているのは日本ダービーのペースや展開となりそうだということを示している。

【徹底考察】日本ダービー(G1) ヴァンキッシュラン「歴代2位の好タイムだった青葉賞馬は『ジンクス』を打ち破れるか」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!