NEW

「未勝利専門家」ジェームスTが日本ダービーを完全シカト! 祭典当日の狙い目未勝利戦は?

【この記事のキーワード】, ,
keibajou.jpg

「未勝利専門家」ジェームスTです。

 先週ご紹介したストロングファルコは直線坂下で接触。更にずっと併走していた馬に被されながらの追い出しになってしまいクビ差の4着。今回も「ヤレズ」となってしまいました……。申し訳ない。

 おかげで、その日はビールの本数が増えてしまったのですが……この悔しさは今週のレースで晴らさせてもらいます。

 世間の注目は競馬の祭典・日本ダービー(G1)一色と言えますが、私の「狙う」レースは言うまでもなく未勝利戦!今回はダービー開催日の日曜に眠る「狙い馬」をご紹介しましょう。

 各馬の能力差が大きい未勝利戦。後に重賞を勝つ馬もいれば、そのまま未勝利馬として引退する馬達も数多くいる。未勝利戦は各馬のキャリアが浅い事もあり、前走などの実績だけで人気が決まりがち。

 ただ、そうして作り上げられた人気は「まやかし」である場合が往々にしてある。馬によっては、レベルの高い新馬戦・未勝利戦に出走し、結果として惨敗した馬も少なくないからだ。

 仮に掲示板外だったとしても、そのレースの上位馬の多くが後に重賞へ出走する実力を持っていたとしたら……。

 もちろんレース内容にもよるが、上位馬と遜色ない走りを見せての8着だったとしたら……。

 人気薄だったとしても『買い』と判断できるかもしれない。

 そんな考えから危険な人気馬を切り、オイシイ(であろう)隠れた実力馬を狙い撃ち! 「ローリスク・ハイリターン」を狙えることこそ、未勝利戦を楽しむ醍醐味なのだ。

「未勝利専門家」ジェームスTが日本ダービーを完全シカト! 祭典当日の狙い目未勝利戦は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?