NEW

「トラウマ」の名前だから即切り!? 市川海老蔵、日本ダービー的中の裏にあの「事件」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大の競馬好きで知られる歌舞伎俳優の市川海老蔵が、先月29日に行われた”競馬界の祭典”日本ダービーの予想を見事的中させた。

 ダービーが行われた府中競馬場には13万人以上が来場。レースは3番人気のマカヒキが制した。2着は2番人気のサトノダイヤモンド、3着は1番人気で皐月賞を制したディーマジェスティが入った。

 海老蔵は競馬専門誌「馬サブロー」でゲスト予想を担当。1着マカヒキと3着ディーマジェスティの組み合わせをチョイスしており、馬連は外したが、ワイド(280円)が見事的中となった。

 海老蔵は昨年末の有馬記念、今春の桜花賞、オークス、そしてこの日の日本ダービーと、同紙で予想を披露した4レース全てが的中。あまりの予想のキレに、本人も「当たり過ぎるので何かプレッシャーが笑」とブログに書き込むほどだったが、実はこれには海老蔵ならではの秘訣があったという。

 今年のダービーは前出の3頭に加え、昨年の2歳G1を制したリオンディーズを含め4強の争いと見られていた。とりわけ、リオンディーズの母は名牝シーザリオで潜在能力はピカイチ。多くの予想家を大いに悩ませてくれたが、海老蔵は即切り。その理由について芸能関係者は「2010年の暴行事件で彼を半殺しにしたのは、関東連合の伊藤リオン。その時のトラウマが尾を引いているのでしょう。リオンディーズについては見向きもしなかったそうです」と話す。

 結果、大的中なのだから、海老蔵の直感は正しい。それが”あの時”にも発揮されていれば、なお良かったが……。

「トラウマ」の名前だから即切り!? 市川海老蔵、日本ダービー的中の裏にあの「事件」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!