NEW

日本競馬に「雷神」再び! 香港最強騎手J・モレイラが8月の札幌に来日

【この記事のキーワード】, ,

 香港で数々の記録を樹立し、国際的にも評価の高い「マジックマン」J・モレイラ騎手が、8月に札幌で行われるワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)の招待を受けたことを中国メディアが報じた。モレイラ本人も「もっと日本の競馬を学びたい。異なる方法の馬の見方や調教を知りたい」とコメント。昨年は圧倒的な戦績で同開催の覇者となっているだけに、ファンの期待も非常に大きなものとなっている。

 現在、同騎手は香港で今シーズン、自身の持つ記録を更新して146勝。高松宮記念をエアロベロシティで制したZ・パートン騎手が2位で67勝というのだから、そのすごさがわかるというもの。

 モレイラ騎手は今年、香港のチャンピオンズマイル(G1)で日本馬、今週末の安田記念で断然の本命に推されるであろうモーリスに騎乗し、勝利に導いている。ドバイでもラストインパクトに騎乗してドバイシーマクラシック3着となるなど、徐々に日本競馬にもその存在が浸透してきている。

 もともと世界でも極めて評価が高く、あのO.ペリエが「世界最高の騎手の一人」としてあげるほどの実力者。昨年から日本で通年騎手となり、リーディング上位に食い込むC.ルメール、M.デムーロよりも世界的な評価は上だ。短期とはいえ、そのような騎手が日本を訪れるとは、地元としては戦々恐々だろう。

 しかし、競馬ファンは今回の報道は歓迎の模様。ここ最近の新しい短期免許の外国人騎手の中にはその実力を疑問視される場合も多かった中で、紛れもない「スーパージョッキー」の来日はうれしい限りということだろう。

 今年8月、またも日本で「雷神」の力が発揮されるのか。今から注目である。

日本競馬に「雷神」再び! 香港最強騎手J・モレイラが8月の札幌に来日のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由