NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(3) 人生いろいろ……島倉千代子の歌の意味が今ならわかる、気がする

【この記事のキーワード】

, ,

jinnseiiroiro.jpgからたちの小径(日本コロムビア)

 島倉千代子の名曲に『人生いろいろ』というのがある。

 死んでしまおうなんて、という歌い出しが印象的な艷歌であるが、そのサビの部分を聞く度、筆者は人間(じんかん)の生における、ひとつの真理を感じるのである。曰く、人間いろいろ。男もいろいろ。女だっていろいろ咲き乱れるの──だが、千代子はきっと「価値観なんて人それぞれ。違って当たり前なのよ」という事を我々千代ラーに伝えたかったのだろう。

 人間いろいろ。男も女も──そしてスロッターさえも、いろいろなのだ。

なんだこの台は。

 さて、4号機末期。サイレントストック機と呼ばれる連チャンシステムを備えた台が隆盛を極めていた時代の話である。『大繁盛本舗』という台があった。発売元はオーイズミ。液晶演出の意味不明さで一世を風靡した(?)名機である。

 これは文字に起こすのが非常に難しいが、ざっくり説明すると「毎ゲーム常に何らかの連続演出が繰り広げられ、しかもその成否が内部状態とあんまり関係ない」という、すこぶる斬新な台だったのである。「あんまり関係ない」というのが味噌で、実際はちょっと関係あったりするのだが、殆どのスロッターはそれを理解する前に「なんか不気味な台を触ってしまった」という顔で去っていく。そんな台だった。

 当時は件の台を指して「これなら液晶外してGOGOランプ付けた方がマシ」とか「演出成功する度にお爺ちゃん呼ばれて目押しを頼まれる店員さんが可哀想そう」とかいう声が多発していたように思う。実際、筆者も隣のお爺ちゃんに何度も目押しを頼まれた。そして「いやこれ当ってないんすよ」という説明を何度もした。そしてその都度「本当は当たっているのに、この若者は俺を騙しているんじゃないだろうか」みたいな疑心暗鬼丸出しの顔で小首を傾げられ、なんか申し訳ない気分になったりした。

 そして筆者は何度もそういう状況に出くわす程度には、この台を愛していたのである。

──D君という友達とファミレスで夕食を食べながらパチスロ談義に花を咲かせている時、この『大繁盛本舗』を巡ってちょっとした諍いが勃発した。

 D君は沖スロを専門に立ちまわって月間収支1000k円を大台を叩きだしたのを機に会社を辞め、専業プロとして活躍してた人だった。筆者よりも一つだけ上と年齢も近く、パチスロを打ち始めた時代もほぼ一緒。頻繁に連れ打ちしていたし、二人してバンドまで組んでたりしてたので、週に3日は顔を合わせていた。今思えば親友といっても良かったと思う。

 そんなD君の、最近良く打ってる台はなに? という問いに、筆者は『大繁盛本舗』と即答した。その答えに、D君は侮蔑を隠そうともしない表情で首を振った。
曰く、食えないクソ台だと、D君は言ったのである。

 今でこそ、筆者の心は琵琶湖より広い。しかも話題は与太話の類に近かったし、こんな事でいちいち目くじらを立てることはないのだが、当時はまだ今より若かったし、飲み慣れぬ酒も入っていた。要するに、筆者はカチンと来たのである。

 今思うと、この時D君の言葉にカチンと来た原因は他にもあった。

ぼくらはあの頃、アツかった(3) 人生いろいろ……島倉千代子の歌の意味が今ならわかる、気がするのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事