NEW

【G1回顧・安田記念】モーリス敗れる! 職人田辺裕信の『信頼』と『技』が光った府中のマイル決戦は、古豪ロゴタイプが復活勝利!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
rogotaipu.jpgロゴタイプ(JBISサーチ公式サイトより)

 田辺裕信騎手とロゴタイプの渾身の「逃げ」が、世界のマイル王をねじ伏せた。

 5日に行われた第66回安田記念(G1)。7連勝の快進撃を続ける絶対王者モーリスの走りに誰もが注目していたが、レースを制したのは6歳の古豪ロゴタイプだった。

「躊躇なく行った。着を拾うのではなく、勝つにはどうすればいいかを考えていた」

 勝利騎手インタビューで田辺騎手がそうコメントしたように、その騎乗には「勝ち」に対する強い執念が感じられた。

 抜群のスタートからディサイファを制してハナに立ったロゴタイプは、終始レースを支配する。1000mの通過が「59.1秒」というスローペースに落とし込むと、直線でも一頭だけ最内からラチを頼った走りで、最後まで粘り込んだ。

 一方のモーリスはまずまずのスタートから、掛かり気味にポジションを上げ2番手を進んだが、ずっと行きたがる素振りが収まらない。

 見た目や馬体重こそ問題ないように思えたが、道中で折り合いを欠いてスタミナをロスしたことと、戦前から左回りでの手前替えがスムーズでないことが懸念されていた通り、本来の伸びを欠いた。

 この日は昼過ぎまで稍重の馬場だったが、それでも安田記念の1000mの通過が「59.1秒」はかなりのスローペース。もともと小頭数でペースは上がらないと目されていたが、過去5年間で良馬場の安田記念の1000mの通過は、前年の「57.3秒」から「57.0秒」「56.3秒」「57.0秒」。

 今年の「59.1秒」は、不良馬場で行われた一昨年の1000mの通過タイムとまったく同一と、いかに緩いペースだったのかが窺える。逆に述べれば、田辺騎手が完全に「ハメた」ともいえるだろう。

【G1回顧・安田記念】モーリス敗れる! 職人田辺裕信の『信頼』と『技』が光った府中のマイル決戦は、古豪ロゴタイプが復活勝利!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!