NEW

松潤・大野だけ「圧勝」の春ドラマで各局「ジャニーズ礼賛」は永久に不滅!? 見せつけた「SMAPとの明暗」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
terevi.jpg

 春ドラマもいよいよ終盤に突入だが、やはり「ジャニーズ強し」という結論になりそうだ。

 大野智主演『世界一難しい恋』(日本テレビ系)、松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)は初回から一度も2ケタ視聴率を割ることなく、安定した数字をキープしている。竹野内豊主演の『グッドパートナー 無敵の弁護士』も平均10%をキープしているものの、こちらは1ケタを割ったり割らなかったりを考えれば「2強」と呼んで間違いないだろう。

 SMAP解散騒動を引き金に、ジャニーズ事務所そのもののイメージが下降している部分は間違いなくある。しかし個々人、特に今が全盛期の嵐メンバーの力はやはり絶大ということだ。「ジャニーズキャストばかり」という否定的な声も多いが、根強いファンは多いということだ。

 フジテレビ系の『OUR HOUSE』などは低視聴率で打ち切りも決定し、他のドラマも軒並み停滞する中でのジャニーズドラマの強さ。これではテレビ局の制作サイドも「ジャニーズ礼賛」を続ける他ない。

「今回でわかったのは、ドラマの内容もあるにせよ、嵐の存在が今のジャニーズを支えているということです。前クールではSMAP香取慎吾と草なぎ剛の主演ドラマがあり、草なぎは視聴率2ケタをキープしましたが、香取は爆死。2人そろって高視聴率をキープした嵐との勢いの差があります。本格的に世代交代といったところでしょうか。キムタクならまだ戦えそうですが、印象も悪くなったので......」(記者)

 明暗分かれた嵐とSMAP。香取の『家族ノカタチ』(TBS系)の放送中にすでに『99.9』の宣伝を始めるなどあからさまな事務所の意図はあったが、ここまで明確に差が出ると、それすら瑣末なことのように思える。

 まあ、本サイトとしては、出演者に競馬関係者の名前をふんだんに使用した『世界一難しい恋』が高視聴率なのはうれしい限りなのだが。

松潤・大野だけ「圧勝」の春ドラマで各局「ジャニーズ礼賛」は永久に不滅!? 見せつけた「SMAPとの明暗」のページです。GJは、エンタメ、ドラマ世界一難しい恋大野智の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!