NEW

福永祐一騎手への「リアルスティール批判」鳴り止まず! その一方、アノ「地方出身騎手」は再評価の流れ?

【この記事のキーワード】, ,
160121_keiba.jpg

 5日の安田記念(G1)、勝利したのは6歳馬のロゴタイプだった。田辺裕信騎手の思い切りのよい逃げ、そこからの絶妙なペース配分で他馬を完全に「ハメた」格好だ。この春でもNo.1の好騎乗といえるのではないか。

 だが、スタートすぐに折り合いを欠き、3番手を進みながらも先行勢で1頭だけ脱落して敗れたリアルスティールのレース振りは不可解としか言い様がない。特に騎乗した福永祐一騎手は今、ファンからの猛批判にさらされている。

 今年2月、骨折から4カ月ぶりに復帰した福永騎手。復帰後3週で6勝だったが、その後3日間開催で一気に7勝の固め打ち、重賞2勝を挙げる大活躍。その後もビッグアーサーで高松宮記念を制し、G1でもしっかり馬券圏内確保が続くなど、一部では「いよいよ覚醒か」とまで言われていたのだが、この一件でそのイメージはどこか遠くに吹き飛んでしまった。

 リアルスティール自体にも問題があるようなレース内容ではあるが、前走でドバイターフを勝利したことを考えると、乗り換わりでいきなりの大敗という悪イメージはどうしようもない。

 その一方、ここへきて一気に「再評価」されつつある騎手がいる。内田博幸騎手だ。

 内田騎手は安田記念でフィエロに騎乗。この馬には本来C.ルメール騎手が騎乗するはずだったが、骨折により乗り換わりとなった。結果は後方から脚を伸ばし、2着モーリスにあわやの3着。代役としての務めを十分に果たしたといえるだろう。

 2008年に大井競馬から、年間500勝以上達成、地方通算3153勝という鳴り物入りでJRAに移籍した内田騎手。初年度から関東リーディング1位(全国2位)の123勝、09年には146勝で全国リーディングを獲得するなど、その実力を如何なく発揮した。10年は118勝、11年は骨折の影響で勝ち星を伸ばせなかったが、12年、13年も100勝超えの大台に乗せ、ゴールドシップとのコンビなどでG1も多数制した。

 しかし、14年は8月の骨折もあり67勝、15年も80勝と100勝には届かなかった。落馬負傷による調子落ち、同じく地方から中央に移籍した戸崎圭太騎手の台頭、C.ルメールとM.デムーロという外国人コンビの通年での活躍などにも押され、勝ち星を伸ばせていなかった。ゴールドシップで調教師の須貝尚介調教師とぶつかったことも一つの要因という声も。

福永祐一騎手への「リアルスティール批判」鳴り止まず! その一方、アノ「地方出身騎手」は再評価の流れ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと